初期費用導入工事の流れ初期費用の目安工事イメージ

導入工事の流れ(当日)-戸建て向け 共聴設備接続工事の場合-

フレッツ光(インターネット接続サービス)工事
フレッツ・テレビ屋内同軸配線工事の2つの工事を実施いたします。

お客さまの設備状況によってはオプション工事が必要となる場合があります。
「フレッツ光」と「フレッツ・テレビ」セットお申し込みの場合
[フレッツ光工事]約1時間フロー1 フレッツ光工事電柱から光ファイバーをご自宅内に引き込みます。フレッツ光回線終端装置を設置します。※フレッツ光ご利用者の場合は、回線終端装置の交換工事のみ行います。
[フレッツ・テレビ 屋内同軸配線工事]約2時間
フロー2 テレビ設備確認テレビ設置場所・屋根裏のテレビ設備等の確認を行い、工事内容を検討します。
フロー3 工事内容説明確認結果を踏まえ、お客さま宅の工事内容をご説明します。(工事事前承諾書に工事費用を記載しご提示)
フロー4 お客さまご承諾お客さまご承諾後、工事に入ります。
フロー5 工事実施各部屋のテレビで地デジ等の放送が受信できるよう工事を行います。テレビチャンネルを設定し、視聴確認します。
フロー6 工事完了報告正常に視聴できることを確認後、工事完了のご報告をします。お客さまに工事完了確認書にサインをいただきます。
フロー7 清掃・退出工事の際に発生した配線クズ等の清掃を実施し、退出します。

※所要時間目安は一般的な所要時間です。お客さまご自宅のテレビ設備環境・工事内容により異なります。

初期費用導入工事の流れ初期費用の目安工事イメージ
フレッツ・テレビご利用にあたっての注意事項

地デジ・BS対策には地上/BSデジタル放送に対応したテレビまたはチューナーが必要です。

以下のご契約が必要となります。
[NTT東日本]フレッツ光、フレッツ・テレビ伝送サービス [スカパーJSAT(株)]スカパーJSAT施設利用サービス

戸建てにお住まいの方におすすめです!※集合住宅の場合、光配線方式のみご利用可能です。

スカパー!等の専門チャンネル放送の受信には、別途放送事業者が提供する放送サービスの契約、対応チューナーまたは専用端末が必要となります。

※「フレッツ・テレビ」のご利用は、原則として同一世帯での個人視聴目的に限ります。集合住宅等において、同一世帯以外でのご利用はできません。

【提供エリア】 平成29年10月現在、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部地域です。詳しくはこちら

フレッツ・テレビ お申し込み

関連サービス&コンテンツ

複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら