サービス情報サイト 「フレッツ・スクウェア」は2011年6月1日より「サービス情報サイト」に名称が変更になりました。

PPPoEマルチセッションについて

PPPoEマルチセッションでできること

インターネットとサービス情報サイト(IPv4)は別の接続先設定が必要です。
インターネットを利用中に、サービス情報サイト(IPv4)に接続したいときは、一度インターネット接続を切断して、サービス情報サイト(IPv4)に接続する必要があります。

「PPPoEマルチセッション」を利用すると、インターネットとサービス情報サイト(IPv4)へ同時に接続することが可能になります。
毎回切り替える必要がなくなり、非常に便利です。

PPPoEマルチセッションを使うには

以下の条件を満たした方がご利用いただけます。

●条件1
Bフレッツ/フレッツ・ADSL/フレッツ・スポットをご利用の方

●条件2
パソコンのOSが、Windows 7/Windows Vista SP1およびSP2/Windows XP SP3の方

●条件3

  • PPPoEマルチセッション対応ブロードバンドルーターをご利用の方
複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら