フレッツ・テレビ光回線でオリンピック・パラリンピックを 4K/8Kで楽しめる!

◎ご自宅での視聴方法については、視聴環境診断にてご確認ください。

4K · 8K

視聴には、光回線を使ったテレビサービス(フレッツ・テレビ等)のご契約と、
新4K8K衛星放送に対応した4Kテレビ・8Kテレビまたはチューナー等が必要です。

光回線を使ったテレビサービス(フレッツ・テレビ等)はNTT東日本または光コラボレーション事業者の提供する電気通信サービスと、
スカパーJSAT㈱の提供する放送サービスの契約により、地上/BSデジタル放送が受信できるようになるサービスです。

「4Kテレビには光回線」
ってどういうこと?

2018年12月に4K放送・8K放送が本格スタート。
いまや薄型テレビ出荷台数のうち半数以上は4K画質に対応したテレビになり、
動画配信サービスでも4K画質のコンテンツが数多く提供されるようになりました。

光回線を使ったテレビサービス(フレッツ・テレビ等)でも
4K放送・8K放送を視聴できることをご存知ですか?
高画質で豊富なチャンネルが楽しめるだけではなく、
光回線には機能的部分やコストパフォーマンス面でもたくさんのメリットがあります。

だから・・・4Kテレビ・8Kテレビには
光回線!

ご自宅で4K放送・8K放送を楽しむには?視聴環境をチェック!

フレッツ・テレビ 早分かり!簡単ガイド スカパー!のサイトに遷移します

今なら!!フレッツ・テレビにご加入で3,000円キャッシュバック! 申込条件・期間など詳細はこちら(スカパーJSAT株式会社のホームページに移ります)

こんな番組が楽しめる!
4K8K 地デジBSCS

  • Point01

    地上波デジタルはもちろん
    BS(一部有料)・CS(オプション)・
    新4K8K衛星放送が楽しめる!※1

    ※1 ★は別途、受信料/視聴料が必要です。また、一部の有料放送については別途「スカパー!」の月額基本料が必要です。
    NHK BS8K、ショップチャンネル 4K、4K QVC、J SPORTS 1~4 (4K)、スターチャンネル4K、日本映画+時代劇 4K、スカチャン1~2 4K、WOWOW 4Kを視聴する場合は「光対応 新4K8K衛星放送アダプター」が必要です。詳しくはこちら別ウィンドウで開きます
  • Point02

    4K8Kの高画質をそのままに
    楽しめるだけじゃない。光回線ならではの安心!

    • 1.天候に左右されにくい、
      安定してクリアな映像※2
    • 2.専用端末(セットトップボックス)不要
      戸建てならテレビ何台でもOK!※3
    ※2 豪雨などの場合は受信できないことがあります。
    ※3 共聴設備接続工事が必要です(集合住宅の場合、テレビ複数台の接続工事は承っておりません)。
  • Point03

    アンテナ不要!※4
    良コストパフォーマンス!

    • アンテナなしで観られるから建物の外観スッキリ!
    • アンテナのメンテナンス費用も必要なし!
    • 台風などの強風でアンテナがこわれる心配もありません。
    ※4 各放送の受信に対応したテレビまたはチューナーが必要です。

だから・・・4Kテレビ・8Kテレビには
光回線!

視聴には、光回線を使ったテレビサービス(フレッツ・テレビ等)のご契約と、
新4K8K衛星放送に対応した4Kテレビ・8Kテレビまたはチューナー等が必要です。

ストレスの少ない快適な環境で4K/8Kを楽しみましょう!

さっそく視聴環境診断をしてみる

4K8K豆知識

4K8Kの「K」って何?
4K8Kの「K」は「キロ」のKです。4Kは水平方向(横方向)に約4千画素、8Kは水平方向(横方向)に約8千画素あることに由来しています。
「4Kテレビ・8Kテレビ」と、
「4K対応テレビ・8K対応テレビ」って何か違うの?
「4Kテレビ・8Kテレビ」は、4K・8Kの画質を表示できるだけでなく、4K放送・8K放送をテレビ本体で受信できるテレビです。一方、「4K対応テレビ・8K対応テレビ」は、4K・8Kの画質を表示することはできますが、4K放送・8K放送の受信に必要なチューナーを内蔵していないため、視聴には外付けチューナー等が必要になります。

Self - Check

ご自宅での視聴方法をチェック!

4K/8Kの視聴環境診断

※間違えた場合は、診断結果が出るまで進んでから、最初に戻ってやり直してください。

提供条件(必ずお読みください)

  • 光回線を使ったテレビサービス(以下、「フレッツ・テレビ」等)はNTT東日本またはNTT東日本より光アクセスサービス(フレッツ光)の提供を受けた事業者(光コラボレーション事業者)の提供する電気通信サービス「フレッツ光(一部対象外)」および「フレッツ・テレビ伝送サービス」、スカパーJSAT(株)の提供する放送サービス「テレビ視聴サービス」の契約により、地上/BSデジタル放送が受信できるようになるサービスです(各放送の受信に対応したテレビまたはチューナーが必要ですモーダルウィンドウで開きます)。また、スカパー!等の専門チャンネルの受信には、別途放送事業者が提供する放送サービスの契約、対応チューナーまたは専用端末が必要です。詳しくはお問い合わせください。
    ※光コラボレーション事業者が提供するサービスでは名称が異なる場合があります。

ご契約の光コラボレーション事業者にてテレビサービスの取り扱いがある場合には、光コラボレーション事業者へのお申し込みとなります(https://flets.com/collabo/list/)。初期費用、月額利用料など詳しくは光コラボレーション事業者へお問い合わせください。

「フレッツ・テレビ」等のご利用は、原則として同一世帯での個人視聴目的に限ります。集合住宅等において、同一世帯以外でのご利用はできません。

宮城県、山形県、岩手県エリアではマンションタイプでのご利用はできません。

提供エリア

2022年11月1日現在、「フレッツ・テレビ」等の提供エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県、福島県、宮城県、山形県、岩手県、北海道の各一部地域です。なお提供エリア内でもNTT東日本およびご利用場所の設備状況などにより、サービスのご利用をお待ちいただいたり、サービスをご利用いただけない場合があります。提供エリアの詳細は、こちら別ウィンドウで開きますをご参照ください。

利用回線の契約

「フレッツ・テレビ」等のご利用には利用回線(フレッツ光など)のご契約および初期費用、月額利用料などが必要となります。なお、対応のサービスタイプは次のとおりとなります。

  • フレッツ 光クロス
  • フレッツ 光ネクスト
    • ギガファミリー・スマートタイプ
    • ファミリー・ギガラインタイプ
    • ファミリー・ハイスピードタイプ
    • ファミリータイプ
    • ギガマンション・スマートタイプ(光配線方式)
    • マンション・ギガラインタイプ(光配線方式)
    • マンション・ハイスピードタイプ(光配線方式)
    • マンションタイプ(光配線方式)
  • フレッツ 光ライトプラス
  • フレッツ 光ライト
    • ファミリータイプ
    • マンションタイプ(光配線方式)
  • 光コラボレーション事業者がNTT東日本より提供を受けた光アクセスサービス

契約の単位

「フレッツ・テレビ」等のご契約は利用回線1回線ごとに1契約となります。

放送事業者との契約

「フレッツ・テレビ」等のご利用にはスカパーJSAT(株)が提供する放送サービスの契約が必要となります。

回線終端装置

「フレッツ・テレビ」等をご利用いただくには、NTT東日本または光コラボレーション事業者が用意する回線終端装置をお客さま宅内に設置する必要があります。

留意事項

初期費用について
- NTT東日本または光コラボレーション事業者の初期費用として、利用回線の契約料と工事費、フレッツ・テレビ伝送サービス工事費、屋内同軸配線工事費が必要となります。なお、屋内同軸配線工事費はテレビ接続工事をお客さまご自身で行っていただく場合には不要です。
- スカパーJSAT(株)初期費用として、テレビ視聴サービス登録料が必要となります

※光コラボレーション事業者が提供するサービスでは名称が異なる場合があります。

ご契約の光コラボレーション事業者にてテレビサービスの取り扱いがある場合には、光コラボレーション事業者へのお申し込みとなります(https://flets.com/collabo/list/)。初期費用、月額利用料など詳しくは光コラボレーション事業者へお問い合わせください。

月額利用料について(NTT東日本の「フレッツ・テレビ」の場合)
-フレッツ・テレビの月額利用料825円は、フレッツ・テレビ伝送サービス利用料495円/月とテレビ視聴サービス利用料330円/月の合計金額です。フレッツ・テレビの月額利用料(テレビ視聴サービス利用料含む)はNTTファイナンスからの請求となります。
-NHK BS1、NHK BSプレミアムの受信料、有料チャンネルの視聴料が別途必要となります。
-「フレッツ・テレビ伝送サービス利用料」は、利用開始日より日割り計算で課金いたします。
-「テレビ視聴サービス利用料」は、利用開始月の翌月より課金いたします。なお、解約月は日割り計算を行わず、1ヵ月分の請求となります。
-有料チャンネル(WOWOWを除く)の視聴には、別途スカパー!へのお申し込み、および初期費用・基本料の支払いが必要です。

ご契約の光コラボレーション事業者にてテレビサービスの取り扱いがある場合には、光コラボレーション事業者へのお申し込みとなります(https://flets.com/collabo/list/)。初期費用、月額利用料など詳しくは光コラボレーション事業者へお問い合わせください。

必要機器および接続方法について
-地上デジタル/BSデジタル放送のご視聴には、地上デジタル/BSデジタルに対応したテレビまたはチューナーが必要となります
-新4K8K衛星放送のご視聴には、新4K8K衛星放送に対応した4Kテレビ・8Kテレビまたはチューナーが必要となります。左旋で放送されるチャンネルを視聴する場合は「光対応 新4K8K衛星放送アダプター」が必要です。詳しくはこちらモーダルウィンドウで開きます
-「スカパー!」をご覧になるにはデジタル対応テレビ・レコーダーなど、110度CSデジタルチューナー内蔵機器が必要となります。
-「スカパー!プレミアムサービス光」のご利用には、テレビ1台ごとに「プレミアムサービス光チューナー」が必要となります。チューナーはスカパーJSAT(株)よりご購入いただきます。詳しくはスカパー!カスタマーセンター0120-818-666(受付時間10:00~20:00年中無休)までご連絡ください。
-「スカパー!プレミアムサービス光」の視聴方法について詳しくはこちら別ウィンドウで開きますをご確認ください。
-テレビまでの接続工事は、お客さまご自身で行っていただく場合とNTT東日本が実施する場合があります。NTT東日本が実施する屋内同軸配線工事に関わる費用は、工事内容により異なります。
-テレビ接続工事をお客さまご自身で行う場合は、同軸ケーブルおよび分配器等をお客さまご自身でご用意いただく必要がございます。なお、同軸ケーブルは5C-FBもしくはS-5C-FBの規格を、分配器についてはプラスチック製のものではなく、アルミダイキャスト製のものを推奨いたします。
視聴条件等について
- お客さま宅内設備の状況等により、ブースター(増幅器)の設置、同軸ケーブルの張替え等が必要となる場合があります。工事には別途費用がかかります。詳細は工事担当者にご相談ください。
- NTT東日本設備または放送事業者設備のメンテナンス等のため、サービスを一時中断する場合がございます。
スカパーJSAT(株)からの通知に伴うサービスの解約について
- お客さまからのテレビ視聴サービスの解約申し込み等により、お客さまがスカパーJSAT(株)と締結するテレビ視聴サービス契約が解除となった場合、NTT東日本または光コラボレーション事業者はスカパーJSAT(株)からの通知に基づき、フレッツ・テレビ伝送サービス契約を解除する場合があります。

Flow

光回線を使ったテレビサービス
(フレッツ・テレビ等)
導入までの流れ

フレッツ・テレビ導入までの流れ

提供エリアのご紹介

北海道エリア
東北エリア
関東エリア
甲信越エリア

提供エリア

2022年11月1日現在、「フレッツ・テレビ」等の提供エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県、福島県、宮城県、山形県、岩手県、北海道の各一部地域です。なお提供エリア内でもNTT東日本およびご利用場所の設備状況などにより、サービスのご利用をお待ちいただいたり、サービスをご利用いただけない場合があります。提供エリアの詳細は、こちら別ウィンドウで開きますをご参照ください。

(2022年11月1日現在/各一部地域で提供)

ページの先頭へ