フレッツ 光ネクスト、フレッツ 光ライトプラス、フレッツ 光ライト「IPv6アドレスを用いたインターネット接続」について

インターネット(IPv6)提供の背景について

インターネットの普及に伴い、現在のインターネットにおける標準的なプロトコルであるIPv4は、利用するアドレス(IPv4アドレス)の世界的な在庫が既に枯渇したため、新たにインターネット接続をする際にIPv4アドレスを割り当てることができなくなることが予想されています(IPv4アドレス枯渇問題)。
この問題への対処としてNTT東日本では、フレッツ 光ネクスト、フレッツ 光ライトプラス、フレッツ 光ライトにおいて、IPv4にかわる次世代のIPアドレスである、IPv6アドレスによるインターネット接続を可能とします。

IPv4アドレス枯渇の状況(平成23年5月20日時点)

平成23年2月 IANA※1のIPv4アドレスの在庫(世界的な中央在庫)が枯渇

平成23年4月 APNIC※2からのIPv4アドレス新規割り当てが終了。今後は、インターネットサービスプロバイダ等が保有している在庫が枯渇した時点で、新たにIPv4アドレスを利用したインターネット接続は利用できなくなる見込み

IPv4アドレス空間とIPv6アドレス空間(イメージ)

IPv6アドレス IPv4アドレス
割当て可能なIPアドレス数(理論値) 2128≒約340兆×1兆×1兆(3.4×1038)個 232≒約43億個(4.3×109
世界の人口(69億人)に換算した場合 1人あたり約5万×1兆×1兆個程度となる 1人あたり約0.6個程度となる

NTT東日本のIPv6アドレスを用いたインターネット接続方式(種類)

当社が提供するIPv6によるインターネット接続方式には下記の2つの方式があります。インターネット接続方式は、お客さまがご利用になるISP事業者さまのサービスによって異なります。インターネット(IPv6)を利用する場合は、お客さまのご利用端末やインターネットサイトがIPv6に対応している必要があります。

インターネット(IPv6 PPPoE)の概要

  • お客さまがインターネット(IPv6)をご利用される場合、インターネット(IPv6 PPPoE)対応アダプターが別途必要となります。
    (IPv6トンネル対応アダプタ(MA-100)の購入はこちら

IPv6 PPPoEの概要イメージ

インターネット(IPv6 IPoE)の概要

  • フレッツ・v6オプションの申し込みが必要です。
    (フレッツ・v6オプションの詳細はこちら
  • 「フレッツ 光ネクスト プライオ1」、「フレッツ 光ネクスト プライオ10」、「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」、「フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」、「フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ」、「フレッツ 光ネクスト マンション・ギガラインタイプ」をお申込みのお客さまには、インターネット(IPv6 IPoE)接続機能のご利用に必要となる「フレッツ・v6オプション」相当の機能を、予め提供いたします。別途「フレッツ・v6オプション」の契約はできません。
    なお、「フレッツ・v6オプション」相当の機能については、取り外しできません。

IPv6 IPoEの概要イメージ

複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

  • 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。
  • 「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

ページの先頭へ