戸建ての導入工事と配線について

戸建て住宅へのフレッツ光配線は、4ステップで行います。


ステップ(1) 光回線の引き込み (電柱→各戸外壁)

NTT東日本 実施

通常、一戸建て住宅の場合、電話線と同様に、電柱から住宅の外壁に光回線を引き込みます。引込みにあたっては、配線固定のため、必要に応じて住宅の外壁に引止め金具などの器具を取り付ける場合があります。

ステップ(2) 光回線の屋内配線(外壁→屋内)

NTT東日本 実施

屋外から屋内への引込みは、通常、既存の電話用配管など共用可能な配管を利用します。
既存配管の利用が難しい場合は、エアコンダクトを利用したり壁に穴を開けたりするなど、お客さまの建物環境に応じて可能な方法で工事を行います。
※建物の構造等の理由で弊社での工事が困難な場合は、引込み口をお客さまにて用意していただく場合があります。

光回線の屋内への引き込み例

ステップ(3) 回線終端装置の設置

NTT東日本 実施

引き込んだ光回線は、部屋に設置した「回線終端装置」に接続します。(1)(2)(3)の施工はNTT東日本が実施いたします。

ステップ(4) パソコンへの配線

お客さま

回線終端装置とパソコン間はLANケーブルで接続します。複数台のパソコンをご利用になる場合には、ブロードバンドルータによる有線接続や、無線ルータを使った接続が必要になります。回線終端装置とパソコン間の設定は基本的にお客さまに実施していただきます。

フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプをお申込の場合、NTT東日本からレンタル提供されるホームゲートウェイ(Wi-Fiルーター)の設定を行うことで追加機器は不要でWi-Fiをご利用いただけます。

※ホームゲートウェイのご利用で、IEEE 802.11a/n/ac(5GHz帯)とIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz帯)のWi-Fi規格に対応します。

【新築住宅の場合】

新築する住宅に光回線の導入をお考えでしたら、設計段階から光回線引き込み用配管、光回線の引き込み場所(どの部屋にパソコンを設置するか)、回線終端装置の設置場所、各部屋へのLAN配線用の配管を考えておくことをおすすめいたします。

●各サービスタイプの接続イメージ(例)
ウインドウを閉じる

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら