※帯域優先機能利用可能である、フレッツ 光ネクスト プライオ10 / プライオ1の拠点であっても異なるアクセス品目間の通信や通信が集中する拠点との通信では、一部の優先通信が網内で非優先通信として扱われることがあります。

case1リアルタイム性が求められる映像通信用回線

遠隔監視カメラ(動画)を設置する場合、「フレッツ・VPN プライオ」の帯域優先を利用することで、途切れや遅延が少なく安定した映像通信が可能になります。
case3イメージ

case2プライベートクラウドのネットワーク基盤

企業専用のプライベートクラウドを構築し、生産管理情報の共有やデスクトップ仮想化による端末運用などを行う場合、「フレッツ・VPN プライオ」なら、フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ等の接続により、高速な通信が可能です。
case1イメージ

case3クレジット・電子マネー加盟店舗の足回り回線

自社でクレジット・電子マネー等の決済サーバーを用意することなく、オンラインで決済を代行するSaaS型サービスでは、加盟店の足回りとして「フレッツ・VPN プライオ」を利用することで、決済処理に影響が及ぶリスクを軽減できます。
case2イメージ
複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら