社内ネットワークの安全確保に効果的!
複数の機能でネットワークの出入口を守るセキュリティ対策機器
UTM (Unified Threat Management)

「UTM」とは?

さまざまな脅威に対し、複数の情報セキュリティ対策を統合的に実施することを「UTM(統合脅威管理)」といい、そのために用いられる機器自体も「UTM」と呼ばれます。
「UTM」は、複数の機能からなる高度な情報セキュリティ対策を専門知識を必要とせず導入できる、セキュリティ対策機器です。
ファイアウォールや侵入検知などを搭載しているため、オフィスのネットワークの出入口を監視・制御し、標的型攻撃メールや不正アクセスなどもブロックします。

「UTM」の特長

高度な情報セキュリティ
対策を手軽に導入

ネットワークの出入口に設置するだけなので、導入はカンタン。

さまざまな脅威に
幅広く効く

標的型攻撃メールやウイルスへの対策はもちろん、フィッシングやスパイウェアへの対策など、複数の情報セキュリティ機能で社内のネットワークを守ります。

常に最新の
セキュリティ環境

自動的に最新のパターンファイルに更新されるため、常に最新のセキュリティ環境を保つことができます。

サービス提供イメージ

サービス提供イメージ

さまざまな脅威から社内ネットワークを守る主な機能

1 URLフィルタリング機能

「閲覧にふさわしくない」と判断されたWebサイトやフィッシングサイトを、URLに基づいてアクセスできないように遮断する機能

2 不正侵入検知・防御機能

不正アクセスなどの悪意あるトラフィックを検出して、通知・破棄を行う機能

3 ファイアウォール機能

あらかじめ決められたルールに従って不正な通信を遮断する機能

4 アプリケーション制御機能

ファイル交換ソフトなど、情報セキュリティの脅威となる可能性のあるアプリケーションの通信を制御できる機能

5 アンチウイルス機能

コンピューターウイルスの感染を防止する機能

6 アンチスパイウェア機能

スパイウェアの感染を防止する機能

「UTM」と「ウイルス対策ソフト」の役割の違いとは?

UTMはネットワークセキュリティ対策に有効な機器です。
UTMに加え、ウイルス対策ソフトなどによる端末セキュリティ対策も同時に導入することで、より強固な情報セキュリティ対策を施すことができます。

「ネットワークセキュリティ対策」と「端末セキュリティ対策」の役割の違い

※「おまかせまるごとアンチウイルス」は「まるごとアンチウイルス」と「オフィスまるごとサポート(ITサポート&セキュリティ for MA)」のパッケージです。

※「まるごとアンチウイルス」はダイワボウ情報システム株式会社の「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービス Powered by DIS」です。

複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。


■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら