まるひで食堂

日光東照宮へ歩いて5分。
たくさんの観光客が訪れる、昭和から続く老舗。

「まるひで食堂」は日光東照宮の西参道入口からほど近く、たくさんのお客さまが訪れる、昭和28年から続くお店。昭和の懐かしい風景を思い起こさせる建物の1 階はお土産物と飲食スペース、2階は食堂になっています。日光といえば「ゆば」が名物ですが、こちらの店でしか食べられない、鶏ガラと鰹節をベースにした「ゆばトマトラーメン」、「テリヤキゆばバーガー」をはじめ、オーナーのアイデアが光るメニューの数々が特徴です。看板メニューの、「ゆば」をあんかけにした「元祖ゆば丼」は1日200食も出るとか。テレビでも紹介されたというこちらの人気店の三代目オーナー、手塚さまにお話を伺いました。

タブレットPOSを検討された背景を教えてください。

観光地ならではの、休日に跳ね上がる客数。
手書き伝票とレジの組み合わせでは、もはや限界に。

観光地にある当店には、土曜・日曜、あるいはお盆休みなどになると大勢のお客さまが来店されます。120席あるフロアが、1日に5回転する場合も。また、来客時間帯のピークを迎えると、席にお通しするまで40分ほどの順番待ちが生まれ、会計ではレジ前に20組も列を成す場合があります。こうした状況を、忙しさのせいばかりにしてよいものか。私は、店舗運営の効率化に、頭を悩ませていました。

そこで、「何かよい手はないか」と、2014年の3月くらいにパソコンで検索して知ったのが、「ラクレジ」でした。私は昔から、NTT東日本ブランドを信頼しております。電話はもちろん、昨年からは「フレッツ光」と「光ステーション」も使っていますが、「ラクレジ」を知ったときに、「こういうサービスも取り扱っているのか」と驚きました。それから、一通りネットで調べて、念のために他社製品とも比べてみると、ウチには「ラクレジ」が適していることがわかりました。そして同年7月、2店舗目となるダイニングカフェのオープンをきっかけに、本店と同時に導入することにしたのです。

ラクレジに決めた理由を教えてください。

月単位の帳簿集計がしやすいこと。
20代から60代まで、幅広い年代の従業員も迷わず使いこなせること。

まず、1ヵ月単位で帳簿を集計できて、2店舗にまたがる売上を詳細に、かつ、簡単に確認できる点です。創業以来はじめて複数店舗の経営に乗り出す私には、外せない機能でした。また、食事だけで30種類以上あり、ドリンクなどを合わせるとかなりのメニュー数がある当店では、画面のカスタマイズのしやすさも重要でした。「セットメニュー」「丼もの」「麺類」といった細かなカテゴリー分けについては、担当営業の方のお力を借りながら、どうすれば効率的に入力操作できるか話し合い、形にしていきましたね。

当店の従業員は、20代から60代と幅広いのですが、みんなが迷わずに使えるようにしなくてはなりません。操作ボタンのカスタマイズについて、私が「こうしたい」と意見を投げかけると、翌日には担当営業の方から解決策を提案してくださいました。スピーディーな対応のおかげで、およそ1ヵ月でシステムを完成させることができ、オープンに間に合わせることができました。

従業員たちはそれぞれに勉強してくれましたが、みんな2〜3日で慣れてしまったようです。60代の女性従業員も、「携帯電話みたいな感覚で使えたわよ」と、笑っていました。


ラクレジにしてよかったことを教えてください。

オーダーと会計の時間短縮で、回転率が向上し、売上に貢献。
画面で金額を見せられることで、外国のお客さまへの対応もスムーズに。

以前の注文は、オーダーを取った従業員が、手書きの伝票に電卓で合計金額を計算して記入、厨房に通す流れでした。これは、レジ業務を簡略化するための工夫だったのですが、「ラクレジ」導入後は、オーダー時の計算が省かれ、会計自体も迅速になりました。1日の営業で見ると、かなりの時間短縮になります。お客さまをお待たせする時間も減りましたし、売上にとってもプラスの材料になっています。

また、意外な使い勝手の良さもあります。東照宮には、近年欧米からの参拝客が増えています。そうした外国のお客さまには、「ラクレジ」の画面を直接ご覧いただきながらコミュ二ケーションすると、言葉だけのコミュニケーションよりも確実に意思疎通できるので、会計がとてもスムーズになりますね。

もともと導入していた「光ステーション」との連携もばっちりで、通信が止まったことは一度もないです。もっとも、何かあったら担当営業の方がすぐ駆けつけてくださるので、サポートについても一切心配はありません。

業種を問わず、効率経営が課題の方にもおすすめです。

私がこの先で検討しているのは、オーダーを取る段階から「ラクレジ」を活用することです。現在はオーダーを取る際オーダー表に手書きで記入しているのですが、客席のテーブルにあるメニュー表にバーコードを設けて読み取ることで、その手書きの工程をなくしてしまう。その機能も「ラクレジ」なら追加できますから。ムリなく経営効率を上げたい私にとって、「ラクレジ」は大切なパートナーです。
同じ課題を持つオーナーのみなさんに、おすすめします。

まるひで食堂さま

店舗住所 〒321-1432 栃木県日光市安川町10-24
導入サービス ラクレジ、フレッツ光ネクスト、光ステーション
業種・業態 飲食店
ホームページ 元祖ゆば丼 まるひで食堂

お電話によるお申し込み・お問い合わせは

NTT東日本バリュークリエイトセンタ
フリーアクセス 0120-446-556

受付時間 9:00〜17:00(土曜・日曜休日・年末年始を除く)

複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら