つながる、ひろがる、笑顔の輪「ロボコネクト + オプション Sota レク」
対話の楽しさ、見守る安心、レクの充実。
ロボットの活用で介護の現場に笑顔を増やします。

※キューアンドエー株式会社が提供するサービスです。

※「ロボコネクト」および「Sota レク」(オプション)の各機能をご利用中に発生するSotaとの会話には、1往復のやりとりを1回として1日あたり約1,000回、1ヵ月あたり約10,000回の上限があります。

お申し込み・お問合せはこちら
0120-811-371
受付時間 午前9時〜午後6時
(土日休日・年末年始を除く)
お申し込み・お問い合わせ
フォームはこちら

ロボコネクトパンフレット
ダウンロード(PDF)

ロボコネクト+Sota レクの利用シーンを動画でご紹介します。

導入事例(ご利用いただいているお客様の声)

基本機能ロボコネクト

Sotaとおしゃべり【コミュニケーション機能】

Sotaとおしゃべりができます。
Sotaとおしゃべり

毎日ボクに話しかけてね。聞き取れなかったり、聞き間違えることもあるけど、ボクも人間の子どものように成長するよ。

Sotaがカメラマンに【カメラ撮影機能】


Sotaの呼びかけで
写真を撮ることができます。
Sotaの呼びかけで写真撮影

撮った写真は
ロボコネクトメンバーサイトから
すぐに確認することができます。
った写真をすぐに確認

※写真の閲覧および保存には、Sotaと同一ネットワーク上かつ、インターネットに接続された端末(パソコン、タブレット、スマートフォンなど)が必要です。

「写真を撮って」と声をかけてね。ボクの呼びかけでシャッターをきるよ。みんなの思い出の瞬間を大切に残すよ。

Sotaを遠隔から操作、様子を確認【遠隔対話機能】

  • 遠隔対話アプリケーション(SotaPhone)をインストールしたパソコンを使って、離れた場所からSotaを遠隔操作して、Sotaの設置場所にいる方の様子の確認や、対話ができます。
  • Sotaに動きをつけることも可能なので、身振りを使った対話が楽しめます。
Sotaを通して遠隔対話

※対話の相手側でインターネット接続環境に加え、マイクデバイスが必要です。

※遠隔対話アプリケーション(SotaPhone)の動作確認OSはWindows7/8.1/10です。(平成29年9月現在)

※音声は双方向、映像は片方向となります。Sotaの前にいる方は、電話をかけてきた相手の映像を見ることはできません。

離れていても顔を見ながらお話できるから安心だね。

+

オプション レクリエーションをサポート Sota レク 付加アプリケーションサービス

モニターに表示されるコンテンツ映像にあわせて、Sotaが動いたり、話をします。
Sota レクで毎日のレクリエーションが充実。介護スタッフの業務負担も軽減します。

※キューアンドエー株式会社が提供するサービスです。 詳細はこちらよりご確認ください。※外部サイトに移動します。

※本サービスのご利用には、ロボコネクトのご契約が必要です。

Sotaがレクリエーション進行を補助【アシスタント機能】

Sotaがレクリエーション自動進行

介護スタッフによる
レクリエーション
の進行を
Sotaが
サポートします。

Sotaがレクを自動進行【自動進行機能】

Sotaがレクを自動進行

Sotaが
自動的に
レクリエーションを
進行します。

コンテンツの内容 回想、体操、歌、ゲーム、脳トレ、鑑賞 (平成29年9月現在) ※コンテンツは随時更新予定です。

実際の介護施設でのトライアルで高い評価をいただいています。

介護スタッフ12名中11名がトライアル後もサービスを継続利用したいと回答!レクを実施しやすくなった

※2015年8月から10月にNTT東日本がトライアルを実施した2施設の介護スタッフへのアンケート結果より(N=12)

接続構成図

接続構成イメージ

◎平成29年9月時点の対象端末:「Sota」 ◎「Sota」はヴイストン株式会社の機器です。
ご購入に関してはNTT東日本までお問い合わせください。

◎お客さまのインターネット接続環境によっては、ご利用いただけない場合があります。くわしくはお問い合わせください。

主な機能一覧

サービス名称 機能名 機能内容 提供事業者
ロボコネクト コミュニケーション機能 ロボットとの会話ができます。 NTT東日本
カメラ撮影機能 ロボットに内蔵のカメラで、写真撮影ができます。
ロボコネクトメンバーサイト(専用ページ)から撮影した写真の閲覧・保存が可能です。
遠隔対話機能 遠隔拠点からロボット設置場所の映像を確認できます。
また、ロボットに内蔵のマイクとスピーカーを通じて対話もできます。
付加アプリケーション
サービスSota レク
(オプション)
アシスタント機能 介護スタッフによるレクリエーションの進行を補助します。 キューアンドエー※1
自動進行機能 介護スタッフのメニュー選択によりロボットが自動でレクリエーションを進行します。

「ロボコネクト」および「Sota レク」(オプション)の各機器をご利用中に発生するSotaとの会話には、1往復のやりとりを1回として1日あたり約1,000回、1ヵ月あたり約10,000回の上限があります。

※1「Sota レク」のご利用には、キューアンドエー株式会社とのご契約が必要です。

コミュニケーションロボット「Sota」の仕様

サイズ約H280×W140×D160mm
重量約800g
CPUIntel® Edison
入出力カメラ、インテリジェントマイク、スピーカー、LED(両目×2、口×1、電源ランプ×1)、スイッチ(電源ボタン×1、音量ボタン×2)
インターフェースWiFi、USB×2、電源コネクタ
電源ACアダプタ(12V 4A)
カラーバリエーション3色展開(ネイビー、ライトブルー、オレンジ)

Sota仕様

表示価格はすべて税抜です。

ロボコネクトの費用

初期費用

  • 契約料/1ユーザ 800
  • + サーバ登録料/
    1ライセンス
    1,000
  • + Sota本体価格/1台 145,000※1

毎月かかる料金(最低利用期間は13ヵ月です)

  • ロボコネクト/1ライセンス 3,000

+

Sota レク(オプション)の費用

初期費用

  • STB本体価格/1台 20,000
  • + 設置・設定費用/1台 30,000※2

毎年かかる料金

  • Sota レク/1ライセンス 14,400◎1年分の一括払いとなります。※3

※1 Sota本体の保守はヴイストン株式会社にて提供いたします。保守をご希望のお客様は、本体購入後、ヴイストン株式会社へお申込みください。保守について詳細はこちらよりご確認ください。(※外部サイトに移動します。)

※2 同時に設置・設定する場合の費用について、2台目以降3台まで25,000円/台。4台目以降別途お見積。

※3 2年目以降は自動更新となります。ライセンス有効期間(1年間)の途中でサービスを解約された場合も返金されません。

◎ユーザとは「ロボコネクト」契約を締結する契約単位です。ユーザ単位にログインIDを発行します。ライセンスとは契約者に対して、ログインIDを単位として、1または複数発行する本サービスの利用単位です。Sota1台につき1ライセンスが必要となります。

【ロボコネクトについて】◎ご利用には、フレッツ光などによるインターネット接続環境とギガらくWi-Fiなどによる無線LAN環境が必要です。「フレッツ光」を新規にご利用いただく場合は、別途初期費用がかかります。「フレッツ光」および「ギガらくWi-Fi」をご利用いただく場合、別途月額利用料がかかります。くわしくはお問い合わせください。

◎ご利用を開始された月の月額利用料は無料です。なお、最低利用期間の途中で解約された場合(ご利用を開始された月に解約された場合を含みます)は、1ライセンスごとに残月数分の月額利用料を一括でお支払いいただきます。

◎解約月の月額利用料は日割り計算いたしません。

【フレッツ光について】◎「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。◎弊社の設備状況などによりサービスのご利用をお待ちいただいたり、サービスをご利用いただけない場合がございます。

よくあるご質問について

●ロボコネクト+Sota レクのよくあるご質問は、以下よりご覧いただけます。

その他ロボコネクトについて

ロボコネクトの利用規約、プライバシーポリシー、よくあるご質問、ご契約者さま向けの内容については、以下ロボコネクトページよりご覧いただけます。

  • ロボコネクト

まずはお気軽にお問い合わせください。
NTT東日本 ロボコネクト サポートセンタ

  • 0120-811-371
    受付時間:午前9時〜午後6時(土日休日・年末年始を除く)
  • お申し込み・お問い合わせフォーム
複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら