フレッツ・セッションプラスは、ご利用のフレッツ 光ネクスト、フレッツ 光ライトプラス、フレッツ 光ライト、Bフレッツ、フレッツ・ADSL(いずれもインターネット接続サービス)について、同時に利用可能なセッション数を追加するサービスです。

※セッションとはEthernet上に張ることの出来るPPPoEセッションのことです。セッションを利用することにより、物理的に1本の回線上で複数の接続先への接続や複数サービスの利用を実現することができます。

サービスご利用イメージ

フレッツ・セッションプラスの利用イメージ

サービスの特長

本サービスは、アクセスサービス(フレッツ 光ネクスト、フレッツ 光ライトプラス、フレッツ 光ライト、Bフレッツ、フレッツ・ADSL)について、基本サービスとして提供されているセッション数より多くのセッションの利用を、付加サービスとして有料にて提供します。
本サービスで追加可能なセッションの数は、アクセスサービスにより異なります。

イメージ 基本サービス(フレッツ・アクセスサービスにおいて標準提供されるセッション数)

イメージ フレッツ・セッションプラス(標準提供条件に対して追加するセッション数)

アクセスサービス PPPoEセッション数上限値
サービス名 サービスタイプ 1 2 3 4 5 6-10 11-20
フレッツ 光ネクスト プライオ1
ギガファミリー・スマートタイプ
ファミリー・ハイスピードタイプ
ファミリータイプ
ギガマンション・スマートタイプ
マンション・ハイスピードタイプ
マンションタイプ
    (未提供)
ビジネスタイプ
プライオ10
   
フレッツ 光ライトプラス -     (未提供)
フレッツ 光ライト ファミリータイプ
マンションタイプ
    (未提供)
Bフレッツ ハイパーファミリータイプ
ニューファミリータイプ
ファミリータイプ
マンションタイプ
    (未提供)
 
 
ベーシックタイプ
ベーシックタイプ「ひかり電話ビジネスタイプ」対応
       
ビジネスタイプ
ビジネスタイプ「ひかり電話ビジネスタイプ」対応
基本サービス フレッツ・セッションプラス
フレッツ・ADSL ビジネスタイプ          
モアIII
モアII
モア
8Mタイプ
1.5Mタイプ
エントリー
      (未提供)

※契約単位は、アクセスサービス1回線につき、1契約となります。セッション数上限値の範囲内で必要なセッション数を選択してご契約いただくことが可能です。

※インターネットのご利用には、各サービスタイプに対応したプロバイダとの契約が必要です。各サービスタイプごとに対応プロバイダは異なりますので、ご注意ください。

セッションを利用する主な接続先/サービス

セッションを利用する接続先/サービスについては、以下のとおりです。

アクセスサービス 接続先/サービス名 内容
フレッツ 光ネクスト、
フレッツ 光ライトプラス、
フレッツ 光ライト、
Bフレッツ、フレッツ・ADSL
プロバイダ 基本的にプロバイダ1契約に付き1セッションを利用します。
フレッツ 光ネクスト、
Bフレッツ※1
フレッツ・ADSL※1
フレッツ・ISDN※1
フレッツ・VPNワイド フレッツ・アクセスサービス拠点から1フレッツ・VPNワイド拠点への接続用として1セッションを利用します。
フレッツ 光ネクスト※2
Bフレッツ※3
フレッツ・ADSL※3
フレッツ・ISDN※3
フレッツ・VPNゲート フレッツ・アクセスサービス拠点から1フレッツ・VPNゲート拠点への接続用として1セッションを利用します。
フレッツ 光ネクスト、
フレッツ 光ライトプラス、
フレッツ 光ライト、
Bフレッツ
ひかり電話 通話時や設定情報の確認・新しいファームウェアの確認/ダウンロードにおいては、セッションを利用することはありません。  

※ただし、RT-200シリーズにおいては、新しいファームウェアのダウンロードをする場合にのみ、NGN内でセッションを利用します。

Bフレッツ、フレッツ・ADSL   サービス情報サイト サービス情報サイトへの接続用として1セッションを利用します。

※サービス情報サイト(IPv6/NGN IPv6)ではセッションを使いません。

  フレッツ・ウイルスクリア 最新のセキュリティ対策ファイルをサービス情報サイトからダウンロードするため、サービス情報サイトへのセッションを利用します。

※サービス情報サイト(IPv6/NGN IPv6)ではセッションを使いません。

※1 VPN管理者はフレッツ 光ネクストご利用者に限ります。

※2 フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプは「フレッツ 光ネクスト全タイプ対応型」でのみ接続可。

※3 「全フレッツ・アクセスサービス対応型」でのみ接続可。

利用シーン

ビジネスからご家庭まで、お客さまのニーズに応じて様々なシーンにご利用いただけます。

【利用シーン1:フレッツVPNを利用して複数の拠点に同時アクセス】

拠点間通信や他社とのエクストラネット。
多様なネットワークで広がるビジネスチャンス!
利用シーンイメージ

規模に応じて自在に構築できるフレッツVPNのラインナップ。フレッツ・セッションプラスを組み合わせて利用することにより、部門別ネットワークへの接続や他社とのエクストラネット構築等多様なニーズにお答えします。

※必要な機器や機器構成についてはこちら

【利用シーン2:インターネット接続とフレッツ・ウイルスクリアの同時利用】

インターネットとフレッツ・ウイルスクリア、フレッツVPNを同時に利用することにより、
低コストでのインターネットと拠点間通信を実現!
利用シーンイメージ

フレッツ・ウイルスクリアで、安心インターネット接続。データセンターへの接続等IP-VPNへも同時接続可能で超高速のBフレッツをフル活用することができます。

※必要な機器や機器構成についてはこちら

【利用シーン3:ご家庭から端末毎に個別のプロバイダとサービス情報サイトを同時利用】

ご主人と奥様それぞれのパソコンから別のプロバイダに接続。
同時にサービス情報サイトも利用可能!
利用シーンイメージ

ご主人のパソコンと奥様のパソコンでそれぞれの契約プロバイダに接続。同時にサービス情報サイトもご利用いただけます。

※必要な機器や機器構成についてはこちら

複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら