活用シーンを分かりやすく紹介した動画が公開中!
「ワークスタイルに変革」篇「コストに変革に変革」篇「導入管理に変革」篇「リスクに変革」篇

外出先やオフィスでもスマホで内線通話が可能に!

ひかりクラウドPBX※1, 2は、内線通話機能PBX機能
クラウド上で実現するサービスです

※1 ひかりクラウドPBXは、NTT東日本エリア内に、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライトプラス」「フレッツ 光ライト」のいずれかの契約が最低1契約あることが契約条件となります。また、ご利用にはプロバイダとの契約が必要となります。外線通話をご利用の場合は、別途対応機器をご用意いただく必要があります。加えて、ひかり電話オフィスA(エース)またはひかり電話オフィスタイプいずれかの契約が必要です。サービス内容、提供条件などは各サービスページをご確認ください。

※2 ひかりクラウドPBXのご利用には、本サービスに対応したIP電話機等をご用意いただく必要があります。

※3 お客さまのご利用状況等によってはコスト削減にならない場合があります。

※4 ご利用にはスマートフォンおよび専用アプリケーションのインストールが必要となります。

※5 パケット定額サービスをご利用でない場合は、別途パケット通信料が発生します。

PBX(構内交換機)とは
PBX(Private Branch eXchange)とは、企業などで複数の電話機を設置する場合に、施設内の電話回線を集約し、内線番号を用いて電話機同士の発着信や通話を可能にする構内電話交換機のことをいいます。

「ひかりクラウドPBX」を活用したBCP対策について
地方自治情報化推進フェア2016で紹介しました。

「ひかりクラウドPBX」を活用したBCP対策について地方自治情報化推進フェア2016

特長1 オフィスにPBX等の通信設備が不要!短期利用も可能!

オフィススペースの有効活用/固定資産の削減/通信設備・保守コストを削減

メリット1
オフィスのPBX/ビジネスフォンのクラウド化により、通信設備・保守コストが削減可能。

※お客さまのご利用状況等によってはコスト削減にならない場合があります。

メリット2
PBX/ビジネスフォンのクラウド化によるBCP対策に有効。
メリット3
クラウド化による簡易な導入と廃止が可能となり短期利用を実現。
メリット4
通信設備スペースが不要になり、オフィススペースの有効活用が可能。

特長2 複数拠点への導入によりコスト削減を実現!

各拠点のPBX/ビジネスフォン集約が可能

メリット1
拠点間や本社との通話料を削減可能。

※お客さまのご利用状況等によってはコスト削減にならない場合があります。

メリット2
各拠点毎個別に実施していたPBX/ビジネスフォン運用管理が不要。

特長3 スマートフォンを内線端末として利用し業務効率化を実現!

スマホを内線端末として利用可能に

メリット1
アプリをインストールすれば、社員個人のスマートフォンを内線端末として利用可能。
メリット2
ギガらくWi-Fiとセットで利用※6することで、電話環境の無線化が可能。

※6 別途、ギガらくWi-Fiのご契約が必要となります。

詳しくはお問い合わせください。
NTT東日本 営業担当者よりご連絡いたします。

ひかりクラウドPBX
お申し込み・お問い合わせ
複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。


■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら