「World IPv6 Day」に伴う当社フレッツサービスへの影響について

2011年6月3日
東日本電信電話株式会社


来る2011年6月8日(水)午前9:00〜6月9日(木)午前8:59(日本時間)に実施される世界的イベント「World IPv6 Day(注)」に参加したWebサイトをご覧いただく際に、画面の表示に時間が掛かる場合や、ごく一部のお客さまでホームページの一部または全部が表示されないといった事象が発生することがあります。
(本事象は、IPv4とIPv6の両方に対応するサイトへ接続することで発生するもので、World IPv6 Day以前より確認されている事象となります)

World IPv6 Dayの期間中もNTT東日本のフレッツでインターネットをご利用のお客さまが、IPv4とIPv6に対応したWebサイトをご覧いただく場合、直ぐにIPv4への切り替えを促す仕組みをネットワークに導入しておりますので、Webサイトの表示に時間が掛かることはございません。
また、NTT東日本が提供するフレッツの各種付加サービスの利用にも影響はございません。

なお、お客さまがお使いのオペレーティングシステムやウェブブラウザの種類、バージョンによっては、Webサイトの一部または全部が表示されないといった事象が発生することがあります。そのような場合は、JAIPA(社団法人日本インターネットプロバイダー協会)のホームページにて案内されているソフトウェアのバージョンアップ等の対処方法を実施ください。

【参考】JAIPA ホームページ「World IPv6 Dayについてのご案内」
http://www.jaipa.or.jp/ipv6day/

(注)インターネットの標準、技術、教育に関する世界的な非営利団体であるInternet Society(ISOC)が参加を呼びかけている世界規模のトライアル。サービスの提供者が一斉に1日(24 時間)だけ自社のWebサイトをIPv6 対応することで、その影響を探り、今後の課題解決に向けた知見を獲得するために実施するもの。


※平成23年6月6日
より多くのお客さまにとって、ご理解いただきやすいように、Webサイトの閲覧時の影響について表現を一部変更いたしました。

ウインドウを閉じる
■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら