1 NTT東日本が
御社のICT担当者としてサポート

ICT環境の心配をすることなく、
本来の業務に専念!

  • NTT東日本のプロフェッショナルが、ICT環境のお困りごとの解決をお手伝い。
  • お困りごとの内容に合わせて、電話・遠隔操作・訪問(別料金)と最適な方法でサポート。
ICT環境のお困りごとの解決をお手伝い。

メーカー、ソフトウェアハウスおよび各種サービス提供事業者の正規サポートを代行するサービスではありません。また、お問い合わせを遅延なく受け付けること、お問い合せに対する解決を保証するものではありません。

※サポート対象となる機器やサービス、その他提供条件について詳しくは、お問い合わせください。

※遠隔によるサポートのご利用には専用のツールが必要です。専用ツールの動作環境についてはこちらをご確認ください。なお、お客さまのご利用環境によっては遠隔操作ができない場合があります。

※訪問によるサポートをご利用時、お客さま建物内へ入室できないことによりサービスを提供できない場合があります、また、お客さまの立合いを要する場合があります。


2 お問い合わせも故障も
同じ電話番号で受付 (コラボ光を除く)

受付窓口も管理もおまとめ!

  • 機器・サービスに関する連絡は同じ電話番号で受付。
  • お客さまのICT環境をNTT東日本が管理。
一元的に受付・管理

お問い合わせを遅延なく受け付けること、お問い合わせに対する解決を保証するものではありません。

※電話によるお問い合わせの受付時間は9時〜21時、故障申告の受付時間は24時間です。


3 24時間・365日での故障対応
(一部の機器を除く)

万一の故障に備えることも
経営リスク対策のひとつ!

  • 休日も夜間も有人のサポートデスクが故障箇所の特定から修理の手配までお手伝い。
  • 必要に応じて駆けつけにて対応。
24時間・365日での故障対応!

まるらくオフィス各セットのサービスにて提供するレンタル機器が対象です。ただし、ギガらくWi-Fi ベーシックプランのWi-Fi アクセスポイント装置は対象外です。

故障受付から現地までの駆けつけ時間および回復時間を保証するものではありません。

故障の原因がお客さまの責任による場合は別途、基本修理費・技術費・部品費がかかります。

※保守対応時、お客さま建物内へ入室できないことにより保守対応できない場合があります。また、お客さまの立会いを要する場合があります。

※一部のエリア(原子力災害対策本部の設定する帰還困難区域等)については保守対応できない場合があります。

※天災等により同時多発的に故障が発生した場合や交通事情等により、保守対応にお時間をいただく場合があります。

※お客さま保有(弊社からのレンタル以外)の通信設備(屋内配線、構内光ケーブル等)や通信機器は保守対象外です。

4 情報セキュリティ対策も安心

  • 高セキュリティなNTT東日本のクラウドを利用してサービスをご提供。
  • ルータ機能付きファイアウォールがネットワークへの不正アクセスをブロック。
ルータ機能付きファイアウォール

5 設定変更や再設定も簡単

  • 設定情報はNTT東日本がお預かり。
  • 電話でサポートデスクに依頼して、またはご契約者さま専用カスタマコントロールサイトからご自身で、簡単に設定を変更。
  • 故障などに伴う機器の再設定も、クラウドに保存されている設定情報から簡単に。
クラウドでの設定サポート

6 オフィスをすっきり快適に

  • クラウドサービスの活用で機器を減らして、配線もすっきり。
    管理負担も軽減。
  • レイアウト変更時やオフィス移転時の負担を軽減。
  • 宅内調査(オプション)の結果をもとに、ICT環境を最適化。
オフィスもすっきり快適!

7 同じネットワーク上で
同じ機器・サービスを利用

  • どの拠点でも同じサービスを、同じ使い勝手でご提供。
  • オフィス新設の際も、面倒な設計不要で同じICT環境を構築。
  • 各拠点が同一ネットワーク配下になるため、ファイル共有も簡単。
同じサービス・同じ使い勝手

あなたのオフィスの環境に合わせて、最適なプランをご提案いたします。
まずはお問い合わせください。

複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら