ひかり電話オフィスタイプ

フレッツ 光ネクストを利用した事業所向けIP電話サービス

ひかり電話オフィスタイプは、通信コストの削減と通信システムの効率化が
期待できます。

ひかり電話オフィスタイプのご利用には、フレッツ光ネクストの契約が必要です。
なお、フレッツ光ライト、フレッツ光ライトプラス(いずれもインターネット接続サービス)ではご利用いただけません。


ポイント!月額基本料は1,300円から
ひかり電話オフィスタイプの基本契約は、3チャネル・1番号で1,300円。
加入電話などと比べておトクになります。

※下図(月額利用料の比較)のような代表的な利用の場合です。


ひかり電話オフィスタイプのご利用には、フレッツ光ネクストの契約が必要です。
なお、フレッツ光ライト、フレッツ光ライトプラス(いずれもインターネット接続サービス)ではご利用いただけません。

※ひかり電話オフィスタイプ対応アダプタまたは、本サービスに対応したブロードバンドルーターユニット等を収容したビジネスホンが必要です。


例)月額利用料の比較

※上記料金に加え、1電話番号ごとにユニバーサルサービス料が必要となります。料金はユニバーサルサービス支援機関が定める1電話番号あたりの費用(番号単価)と同額であり、番号単価の変更にあわせて見直します。 詳しくは、こちらをご確認ください。
ユニバーサルサービス料は、あまねく日本全国においてユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報)の提供を確保するためにご負担いただく料金です。


ポイント!通話料が加入電話に比べておトク! *1
加入電話、INSネット、ひかり電話、法人向けひかり電話 *2への通話料は全国一律3分 8円

*1 通話時間が短い場合や割引サービスの加入状況などによってはお得にならない場合があります。

*2「法人向けひかり電話」とは、「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話オフィスA(エース)」「ひかり電話ナンバーゲート」の総称です。


■固定電話への通話
通話区分 加入電話(NTT東日本) ひかり電話
市内通話 8.5円/3分

全国一律(市内・県外通話も)8円/3分

※「テレビ電話」の通話料および「データコネクト」の
通話料については料金が異なります。

同一県内市街通話 20円/3分〜40円/3分

※携帯電話への通話などについては通話料が異なります。

※上記の「市内」「県内」「県外」という区分は、行政区分とは異なる場合があります。


ポイント!「グループ通話定額」で、事業所間の音声通話料が定額に!
グループ通話定額は、グループ登録した同一契約者の回線同士の通話が定額でかけ放題になるサービスです。
音声通話定額イメージ
月額利用料 定額400円/チャネル

※グループを構成するすべての回線に本サービスのご契約が必要です
(全チャネル分の定額料がかかります)。

※グループを構成するためには、「ひかり電話オフィスタイプ」のご契約が1回線以上必要です。

※グループ通話定額のご利用には「フレッツ光 ネクスト」および「ひかり電話オフィスタイプ」(または「ひかり電話(基本プランのみ)」)のご契約が必要です。(「ひかり電話(基本プラン)」においてはフレッツ 光ライト、フレッツ 光ライトプラスのご利用も可能です。)


ポイント!最大8チャネル32番号まで利用可能
複数チャネルは、1チャネル400円、追加番号は1番号100円。
お客さまの通信環境などにあわせ、最大8チャネル32番号までご利用いただけます。

基本契約 1番号 月額 1,300円 最大8チャネル・32番号 月額6,400円


ポイント!ナンバー・ディスプレイは1契約で全チャネル利用可能
ナンバー・ディスプレイ1契約月額1,200円で、全てのチャネルにて利用が可能。そのほか、ボイスワープ、迷惑電話おことわりサービスなど便利な付加サービスをご用意。

※ナンバー・ディスプレイのご利用には、ナンバー・ディスプレイ対応電話機が必要です。


ポイント!電話番号はそのまま
ご利用中の電話番号をそのまま利用できるから安心。

※一部そのまま利用できない場合があります。


ポイント!加入電話相当の音声品質を確保
音声パケットを優先して扱うので、今お使いの加入電話相当の音声品質を実現。

ポイント!代表・ダイヤルイン機能も利用可能
ひかり電話オフィスタイプ対応機器の機能で、代表、ダイヤルイン相当の機能が利用できます。

ポイント!110番や119番にもかけられる
110番、119番といった緊急機関への通報も利用できます。

※停電時は緊急通報を含めて通話ができません(無停電電源装置(UPS)などをご利用いただくことで、一定時間、通話が可能となる場合があります)。114(お話し中調べ)など、一部かけられない番号があります。


ポイント!フレッツ光でインターネットやVPNも同時利用可能
最大200Mbps※1の「フレッツ光※2」を利用するから、高速かつ安定したインターネットやVPNが実現できます。

※1 最大200Mbps(フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ/プライオ10/プライオ1/ギガファミリー・スマートタイプ/ファミリー・ギガラインタイプ/ギガマンション・スマートタイプ/マンション・ギガラインタイプをご利用の場合、最大概ね1Gbps)とは、お客さま宅内に設置する弊社回線終端装置から弊社設備までの間における技術規格上の最大値であり、お客さま宅内での実使用速度を示すものではありません。インターネット利用時の速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)、回線の混雑状況、集合住宅の場合は当該建物の伝送方式等によって大幅に低下する場合があります。100Mbpsを超える通信速度でご利用頂くためには、1Gbpsの通信速度に対応した環境(対応LANケーブル、パソコン端末等)が必要となります。100Mbpsの通信速度に対応した環境でもご利用頂くことが可能ですが、最大通信速度は100Mbpsとなります。インターネット(IPv6 IPoE)での通信を行う場合、ハイスピードタイプの最大通信速度はデータ送信時最大100Mbps、データ受信時最大概ね1Gbpsとなります。最大概ね1Gbpsについては、「インターネット(IPv6 IPoE)」での通信(IPv6アドレスに対応したWEBサイトの閲覧等)に限られます。「フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ/マンション・ギガラインタイプ/マンション・ハイスピードタイプ」は、光配線方式でのご提供となります。インターネットのご利用には、本サービスに対応したプロバイダとの契約が必要です。サービスメニューごとに対応プロバイダは異なりますのでご注意ください。なお、有線でご利用いただく場合の推奨LAN環境は、LANポート1000BASE−T/LANケーブルカテゴリ5e以上となります。

※2 「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ライト」、「フレッツ 光ネクスト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。なお、フレッツ 光ライト、フレッツ 光ライトプラスではご利用いただけません。

※インターネットのご利用には別途プロバイダとの契約が必要です。(別途月額利用料等がかかります。)

※VPNのご利用には別途ご利用環境に応じた契約が必要です。(別途月額利用料等がかかります。)

フレッツ 光ネクストで使える基本サービス

フレッツ 光ネクストで使える基本サービス テレビ電話 高音質電話 データコネクト

※1 ご利用には別途対応機器が必要です。ご利用にあたり、機器交換等を伴う場合は工事費がかかる場合があります。

ひかり電話 お申し込み
複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら