NTT東日本とNTTによるスマートハウスの実証実験開始について

日本電信電話株式会社、日本電信電話株式会社は、ICT技術を用いた「家庭内エネルギーの見える化」および「デマンドレスポンス実証」によって、スマートな暮らしを実現するモデル事業を、東京都、北海道内の一般家庭を対象として平成25年2月より実施致します。

本モデル事業の目的

昨今の電力不足による節電意識の高まりから、見える化システムやHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)が導入された“スマート”な住宅が増えつつありますが、これらのシステムを本格的に普及させ、地域全体のスマート化を実現するためには、「家電機器ごとのエネルギー使用状況の見える化」や「家電制御による節電等によるエネルギーの有効利用」に関して、これまで以上のコストダウンが求められています。
本モデル事業では、ご協力いただけるご家庭にNTTグループで開発したシステムを設置させていただき、以下のシステムおよび技術の実用性を検証いたします。

スマートコミュニティプラットフォーム技術

NTTネットワーク基盤技術研究所の開発技術であり、経済産業省にHEMS標準通信プロトコルとして認定された「ECHONET Lite」を用いてデマンドレスポンスに必要な電力消費情報や家電制御信号の制御を行います。

※ ECHONET Lite
異なるメーカーの家電機器を接続し、家屋の新築、既築を問わずに敷設の容易な伝送媒体を使用して、様々なサービスの提供を実現するためのスマートハウス向け通信規格で、ISO規格およびIEC規格として国際標準規格としても承認されている。

機器電力推定技術

東京都および北海道をフィールドとして、NTT環境エネルギー研究所が開発中の機器電力推定技術の実用性を検証する実証実験を実施します。 機器電力推定技術は、各ご家庭用の分電盤に設置する1個のセンサから 得られる情報を解析することにより、エアコン、テレビ、冷蔵庫などの 家電機器に対する機器毎の電力使用量を推定することができる先進的な新技術です。

実証実験イメージ

実証実験イメージ

※本実証実験内容については、ENEX展2013に出展しました。

ウインドウを閉じる
■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら