Windows版フレッツ接続ツールのバージョンアップについて

Bフレッツ、フレッツ・ADSLでご利用頂いているWindows版「フレッツ接続ツール」がバージョンアップしました。
バージョンアップ内容
Version 3.0.0(2005.3.10)
以下の機能追加・修正を行いました。
1.
フレッツ接続ツール ツールバー機能(IE5.5SP2以上)を追加しました。
本機能には以下の機能が含まれます。
フレッツ・スクウェア接続・表示ボタン
工事・故障情報表示ボタン
各種プロファイルの接続・切断機能
ツールバー各種設定機能
2. ブラウザ(IE5.5SP2以上)起動時に自動接続する機能を追加しました。
3. アップデート通知機能を追加しました。
4. デフォルトの設定を「Filter Driver」から「Protocol Driver」に変更しました。
5. DNSプロキシ機能を追加しました(デフォルトではオフとなります)。
バージョンアップ内容
動作OS
Windows98、WindowsMe、Windows2000、およびWindowsXP
日本語版Windowsとなります。
全てのOSにおいて、Dialup Networkが必要となります。
Windows 98では、OSのCD-ROMが必要となる場合がございます。
対応ブラウザ
Internet Explorer5.5SP2以上
対応ブラウザ以外では、フレッツ接続ツール ツールバー機能の動作保障はいたしません。
CPU PentiumIIIプロセッサと同等以上推奨
メモリ 128Mbyte以上推奨
HDD空き容量 100Mbyte以上
イーサネットアダプタ Microsoft互換でNDIS3.0以上のドライバ
ディスプレイ Super VGA(800×600)以上の高解像度ディスプレイアダプタ
フレッツ接続ツールのバージョンアップ方法
フレッツ・スクウェアに接続後、「http://www.flets/soft/pppoe/index.html」にアクセスし、画面の指示にしたがい、ダウンロードしてください。
フレッツ・スクウェアの接続方法に関しては、以下をご参照ください。
フレッツ・スクウェアへの接続方法
また、本サイトより「フレッツ接続ツール Limited Edition」を入手し、インストールすることで最新のフレッツ接続ツールにアップデートが可能です。
詳細に関しては、以下をご参照ください。
フレッツ接続ツール Limited Edition
よくあるご質問
フレッツ接続ツールに関するよくあるご質問です。
フレッツ・ADSL
Bフレッツ
お問い合せ
フレッツ接続ツールに関するお問合せは以下の「故障に関するお問合せ」にて受け付けております。
フレッツ・ADSL
Bフレッツ
複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら