フレッツ・セッションプラス サポート情報

機器接続

フレッツ・セッションプラス対応機器状況:WBC V110M設定例

本設定例は、「WBC V110M」を利用して、複数セッションをご利用するための設定例になります。
<ファームウェアバージョン:01.02.0001>

構成例

現在、WBC V110Mをプロバイダ接続1(ISP1)とフレッツ網接続にてご利用のお客さまが、WBC V110Mの設定を変更し、
を行うための設定例です。

※本設定例をご利用いただくため、あらかじめフレッツ・アクセスサービスにおける接続セッションを同時に3つ以上利用できる環境をご用意ください。

※PPPoEクライアントソフトウェアをご用意ください。

※まだ初期設定を行われていないお客さまは、機器に付属の取扱説明書P5-2「かんたん設定」をご覧いただき、ISP接続設定などをあらかじめ行ってから、こちらの設定を行ってください。


  1. ご利用のパソコンから、WBC V110Mの設定画面を開いてください。ログインの方法(設定画面の開き方)および、初期設定につきましては、機器付属の取扱説明書P5-2「かんたん設定」をご参照ください。



  2. ご利用のWBC V110Mの下部にあるお客さまパソコンからのPPPoE接続を通過させるために、WBC V110MにPPPoEブリッジの設定を行います。

    左側 メニュー画面から【ルータ設定】 - 【ネットワーク設定】を選択してください。
    下図のように【PPPoEブリッジ設定】が「有効」になっていることを確認してください。

    ※デフォルトでは、【PPPoEブリッジ設定】は「有効」になっています。「有効」になっていない場合は、プルダウンから【有効】を選択し、ページ最下部の【確認】をクリックしたあと、【送信】をクリックします。最後に、左側メニュー画面最下部の【反映】をクリックして、機器に設定を反映させてください。




  3. WBC V110Mの配下のパソコンからPPPoEクライアントソフトウェアを利用して、PPPoE接続を行ってください。
以上で設定は終了です。
複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら