MacOS 10.4.xでの特定WEBサイト表示遅延の事象の回避方法

日頃より、弊社フレッツサービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
BフレッツにおけるIPv6アドレス割り当てに伴いMacOS 10.4.xで特定WEBサイト表示遅延の事象が発生しうる場合があります(確認済みの特定WEBサイトはこちらをご確認ください)。
対象となる環境および回避方法は以下のとおりです。
特定WEBサイト表示遅延の事象の対象となる環境
MacOS 10.4.x
IPv6に対応したルーターで接続。
※弊社にてIPv6動作確認をしたルーター一覧は、こちらをご覧ください。
特定WEBサイト表示遅延の事象の回避方法
以下の手順でIPv6を無効にすることで、本事象を回避できます。
1. 「システム環境設定」を開き、「ネットワーク」を選択し、クリックします。
2. 表示を「内蔵 Ethernet」にし、「IPv6を設定…」をクリックします。
3. IPv6設定が「自動」等になっている場合、「切」に変更し、「OK」をクリックします。
4. 「今すぐ適用」をクリックし、IPv6アドレスが無くなったことを確認します。
設定は、以上で終了です。
複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら