SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)

TwitterやFacebookに代表されるのがSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。Webサイト上で知人や友人とメッセージなどをやり取りするサービスを指します。メールと違って短文を気兼ねなく投稿できる敷居の低さが人気となり、数多くの人と人とがつながり、メッセージや写真、動画、WebサイトのURLなどを投稿しあっています。
普段の何気ない行動や気になることをつぶやいたり、知人や友人の発言に対してコメントしたりするなど、用途は多様化し、新たなコミュニケーションツールとして人気を博しています。スマホをはじめ、外出先からでも容易に投稿することが可能です。

ソーシャルネットワークはビジネスの現場でも新たなコミュニケーションツールに スマホの活用でSNSの場も広がる 誹謗中傷や個人情報の公開に注意を
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは?

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)関連コラム一覧

ソーシャルネットワークはビジネスの現場でも新たなコミュニケーションツールに

コンシューマ(消費者)向けに普及したSNSですが、「ビジネスでも使える」と企業の中でも普及し始めています。社内のコミュニケーションの活性化、組織間の意思疎通を強化するための手段としてSNSに期待する声は少なくありません。
SNSの1つ、Facebookで従業員が発言したコメントに「いいね!」をしたり、ときには業務に関係のない話題を提供することで現場の雰囲気を明るくしたりすることも可能です。メールやグループウェアに代わるコミュニケーション手段として、期待が高まっています。

スマホの活用でSNSの場も広がる

SNSの特徴は、いつでもどこでも気軽に投稿しあえる点です。スマホを使えば、時間や場所をそれほど気にすることなく、好きなタイミングで投稿できるようになります。
外出先で見つけた気になるもの、ニュースを見ていて気付いた点など、パソコンがなくてもスマホさえあれば容易に投稿できます。誰かが発言したらすぐにチェックできるのもスマホならでは。スマホを活用することでSNSの楽しさは広がります。

誹謗中傷や個人情報の公開に注意を

実名を公開してメッセージのやり取りをするのがSNS最大の特徴です。知人や友人に本人を特定しやすくする、といったメリットが見込めますが、特定の人物に対する誹謗中傷や、公開する個人情報を誰でもチェックできるようになってしまうなどの問題点もあります。
利用するには、どこまで個人情報を公開するべきか、友人ならすべての情報を公開するのかなどの方針を明確にする必要があります。

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは?

SNSは、インターネット上のWebサービスの1つで、知人や友人とつながり、文章や画像、動画などを交換しあうコミュニティを形成します。
実名を公開し、知らない人同士ではなく知っている者同士でコミュニティを形成するのが一般的です。特定のテーマについて意見を交換したり、自分の主張などを発言したりできます。メールと違って簡単に発言できる敷居の低さがSNSの特徴といえるでしょう。

デジタル講座人気テーマ

スマホ(スマートフォン)・タブレット  SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)
パソコン(PC)・インターネットのセキュリティ対策  インターネット・ITトレンド

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら