パソコン(PC)・インターネットのセキュリティ対策

パソコンを利用していると気になるのがセキュリティ問題。最もよく耳にするのは、メールによるウイルス感染ではないでしょうか? メールの添付ファイルを開いたら、パソコンから個人情報が漏えいした、パソコンが怪しい動作をするようになった、などの被害をこうむるかもしれません。
また、インターネットでWebサイトを開いただけで不正なプログラムを勝手にインストールされる、圧縮ファイルを解凍しようと思ったら実は実行ファイルで、強制的に不正プログラムがインストールされてしまったなどの被害も起こり得ます。こうした被害にあわないように普段から怪しい添付ファイルやサイトを避けるようにセキュリティ対策を施すことが大切です。

スマホでもセキュリティ対策を インターネットでの標的型攻撃に注意 怪しい動作を自動で検知するセキュリティサービスも

パソコン(PC)・インターネットのセキュリティ対策関連コラム一覧

スマホでもセキュリティ対策を

スマホでもウイルスの侵入や不正プログラムの強制インストールによる個人情報の漏えいなどの被害が起こり得ます。Windowsを搭載したパソコンに限った話ではありません。
日頃からスマホの動作におかしな点がないか注意を払い、怪しいアプリをインストールしない、怪しい添付ファイルを開かないなどの対策を講じておくべきでしょう。

インターネットでの標的型攻撃に注意

銀行などのメールを偽り、違ったサイトに誘導して個人情報を盗み取ることを標的型攻撃、標的型メールなどと呼びます。こうしたメールが急増し、私たちを脅かしています。一見すると銀行のオンラインサイトに似ているけれど、よく見ると微妙に違うことなどが見て取れます。
まずは注意を払い、正式でないサイトでは個人情報を入力しない、パスワードを入力しないように気を付けましょう。

怪しい動作を自動で検知するセキュリティサービスも

日頃から用心していても、うっかり怪しい添付ファイルなどを開いてしまうと、ウイルスに感染してしまうかもしれません。ウイルスの侵入を許さないようにするためには、怪しいメールやWebサイトを事前に検知する必要があります。
そこで、メールを自動で検知するサービスが登場しています。怪しいメールやURLリンク先のあるメールの到着を通知し、ファイルを開封するか、サイトにアクセスするのかの判断を促してくれます。このようなサービスを活用するのもセキュリティを強化する1つの方法です。

デジタル講座人気テーマ

スマホ(スマートフォン)・タブレット  SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)
パソコン(PC)・インターネットのセキュリティ対策 インターネット・ITトレンド

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら