いまさら聞けないデジタル入門「フリック、スワイプ…スマホ操作の用語が分からない!」

2013/4/12掲載
  1. タッチパネルならではの操作方法を覚えよう >>

  2. 似ているようで違う「フリック」と「スワイプ」 >>

  3. まだある!スマホ操作の用語

3.まだある!スマホ操作の用語

画面を見やすくする「ピンチイン」「ピンチアウト」

画像:イメージ図

ここまでは、1本の指を使った操作方法でしたが、複数の指を同時に使う操作方法もあります。

まず「ピンチイン」は、画面に二本の指を乗せ、つまむ(間を狭める)ように動かす操作方法。スマホの画面表示を縮小するときに使います。

一方「ピンチアウト」は、その反対に、二本の指の間を広げるように動かすことで、画面表示が拡大されます。
この操作に対応しているのは、ブラウザーや写真閲覧ソフトなど一部のアプリに限られますが、その効果は絶大。たとえば、ホームページの文字が小さくて読めないとき、大きくしたい部分に指を乗せ「ピンチアウト」操作を行えば、見やすく拡大表示することができます。画面が小さいスマホには欠かせない操作方法です。

スマホを振ると何かが起きる!?「シェイク」

画像:イメージ図
画像:イメージ図

スマホの中には、本体の動きを感知するためのセンサーが組み込まれていますが、この仕組みを利用したユニークな操作方法もあります。その代表格が、スマホを振る「シェイク」。たとえば、こんな使い方があります。

  • ●LINEでは
    お互いのスマホを近づけてシェイクするだけで、友だち登録できる「ふるふる」機能。
  • ●iPhoneのメールでは
    文字の入力中にシェイクすると、入力文字をまとめて消去できるボタンを表示。1文字ずつ削除する手間が不要に!

無料アプリにも、シェイクするとアラーム音が止まる目覚まし時計、シェイクすると複数の写真が合成できる写真編集アプリなどがあります。

こんな風に、パソコンとは違った新鮮な操作方法を体験できるのも、スマホの魅力の一つです。

今回ご紹介した操作方法は、そのままタブレット端末でも利用できます。しっかり覚えて、スマホやタブレット端末をもっと便利に使いこなしましょう!

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。