いまさら聞けないデジタル入門「フリック、スワイプ…スマホ操作の用語が分からない!」

2013/4/12掲載

スマホ(スマートフォン)に変えたばかりの人が迷いがちなのが、“スワイプ”や“ピンチイン”のような聞き慣れない操作の用語。「スマホの操作はカンタンって聞いていたのに…」そんな悩める方に向けて、スマホおよびタブレット端末の基本的な操作用語を一気にご紹介します!

4コマまんが
  1. タッチパネルならではの操作方法を覚えよう

  2. 似ているようで違う「フリック」と「スワイプ」 >>

  3. まだある!スマホ操作の用語 >>

1.タッチパネルならではの操作方法を覚えよう

指の動かし方で、いろいろな呼び方がある

画像:イメージ図

パソコンの「クリック」や「ドラッグ」は、マウスの動かし方を指す名称です。これに対して、スマホ/タブレット端末はタッチパネルを指で操作する仕組みなので、これまでの操作の常識が、がらりと変わりました。

指の動かし方は1種類ではなく、画面を押したり、指を左右にすべらせたり、2本の指で画面をつまんだり…目的によって、いろいろな操作方法が用意されています。

これからご紹介するのは、そんなスマホならではの操作方法の用語の数々。スマホを使いこなすなら、ぜひ知っておきたいものばかりです。

一番の基本操作は「タップ」

画像:イメージ図

画面のアイコンやメニューを指で1回、軽く押す操作が「タップ」。マウスのクリックあるいは、ダブルクリックに相当する基本となる操作です。タップは、次のような場面で利用します。

  • ●アプリを起動する
  • ●メニューを実行する
  • ●フォルダ(アイコンをまとめたもの)を開く

タップ操作が行われたと判断されるタイミングは、画面を「押した瞬間」ではなく、指を「離した瞬間」です。タップしたのに反応が遅いな、と思ったときは、画面を指で“ぽん”と叩くようにすると、確実な操作ができます。

タップに似た操作として、「長押し(ロングタップ)」と呼ばれる、画面を数秒間押し続ける操作方法もあります。たとえば、ホーム画面でアプリのアイコンを押し続けることで、アイコンを削除できるようになります。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら