いまさら聞けないデジタル入門「Twitterが分からない!」

2013/1/18掲載

一度はTwitter(ツイッター)に挑戦してみたものの、「面白さが分からなくて、もう使っていない」なんてご経験はありませんか?自分でつぶやかない人でも、“情報収集”にTwitterを利用してみれば、そのベンリさに驚く方も多いはず。この機会に、あなたもTwitter『再入門』を!

4コマまんが
  1. これでバッチリ!基本的な使い方と用語

  2. “いま現在”の情報が検索できる >>

  3. もっと情報を効率よく集めるには >>

1.これでバッチリ!基本的な使い方と用語

※掲載している画面・操作説明は、WindowsのブラウザーでTwitter(twitter.com)を使用した場合の例です。

「つぶやき」のURLから情報がどんどん広がる

画像:イメージ図

“自分でつぶやく”のではなく、“情報を収集する”ときに欠かせないのが、他のユーザーのツイート(つぶやき)が一覧表示される「タイムライン」と呼ばれる画面です(右画面)。ここには、自分が「フォロー」しているユーザーがツイートを投稿するたび、それが自動的に追加表示されていきます。

1件のツイートは140文字(日本語でも英語でも)という制限があり、あっという間に読めてしまって物足りないかも知れません。でも、つぶやきと一緒にURLが投稿されたものも多く、クリックすれば、情報元のニュースサイト・個人のブログ、写真などを見ることができ、手に入る情報の量は一気に広がります。

ツイートの中のURLの先頭には「http://」が付いていませんが、これは「短縮URL」と呼ばれ、投稿の際に自動的に短く変換されたものです。リンク箇所にカーソルを乗せると、ジャンプ前に正式なURLを確認できるようになっています。

その他のツイート表示の決まりごと

画像:イメージ図

ツイートを読んでいると、短縮URL以外にも時々、文字の色が変わっているところがあるはずです。よく使われるルールを右にまとめましたが、中でも覚えておきたいのは「ハッシュタグ」と呼ばれるものです。

これは、「#」とアルファベットを組み合わせた記号で、特定のテーマについてのツイートであることを示しています。たとえば、天気情報に関するツイートであれば「#tenki」(天気)、東京都世田谷区に関する地域情報であれば「#setagaya」(世田谷)のような使い方になります。

ツイートの中に含まれているハッシュタグの部分をクリックすると、すべてのツイートの中から、同じハッシュタグの付いたツイート、つまり同じテーマのつぶやきが、自動的に選ばれ画面表示されます。


■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら