やっておきたい ファイルやデータも大整理!

2012/12/7掲載
  1. 1年間貯まったファイルの整理 >>

  2. スマホも含めてお気に入りを整理 >>

  3. 読んだ本、読みたい本の整理

3.読んだ本、読みたい本の整理

この1年間も良く本を読みましたね。書棚もそろそろ整理したいけれどもどの本を読んだのか忘れるのは困る…。そんな時も普通のメモではなくこんなWebサービスを使って管理する方法もあります。ここでは、以前にもご紹介した中から代表的なものを2つおさらいします。

読書管理に便利なWebサービス

画像:イメージ図
● 読書メーター

読んだ本、読みたい本などを簡単に登録することができます。手持ちのツイッターやフェイスブックのアカウントでログインできるので、新規登録も簡単です。

単に自分のためのメモとしても十分利用できるサービスですが、ソーシャル性を重視しているのであなたの友人や他にもこのサービスを利用している人がいれば、その人の投稿情報などから新たに読みたい本を探す手段としても利用できます。

画像:イメージ図
● メディアマーカー

メディアマーカーも読んだ本、読みたい本などを登録してメモとして利用できるサービスです。こちらは本だけでなく、音楽やDVDなども登録することができます。またサービスの使い勝手としても、メモとしてはより広い範囲で活用できそうです。

手持ちの本を電子データとして残せれば…

画像:イメージ図

最近では電子書籍リーダーがいくつも発表され、本も電子データとして購入する機会が増えてきています。もちろんこれから購入する本はそれでも良いかもしれませんが、既に書籍に貯まっている本はそういうわけにもいきません。

一方、大画面のスマホやタブレットの普及に伴って自分で書籍を電子データ(PDF)として保存する、いわゆる「自炊」という行為が広まっています。自炊した本のデータ(PDF)は、様々な機器で開く(読む)ことができるのも便利な点です。

自炊とは本を裁断し、スキャンしてPDFファイル化するものです。PDFファイルを作るのはパソコンのソフトウェアでもできますが、本を裁断するには裁断機が必要です。これを個人で購入して自炊を行っている人もいるようですし、業務用の裁断機や高性能のパソコンを使わせてくれるような店舗もあります。お近くにそういった店舗があれば利用するのも良いかもしれません。

恒例の年末の大掃除や整理も、時代にあわせてこれまでと少し違ったやり方にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ここで紹介したサービスは、いずれもNTT東日本とは関係のないものです。サー ビスの利用やユーザ登録は全て個人の責任において行ってくださいますようお願いいたします。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。