音楽にナビに!スマホを幅広く使いこなそう

2012/10/5掲載

小さな携帯式パソコンとも言えるスマホ。その機動性と高性能、さらに数多くのアプリなどにより、スマホを携帯電話としてだけでなくもっと幅広く使用する方法がたくさんあります。これまで複数の機器を使用していたものをスマホ1台にまとめることもできます。今回はそんな中から、スマホの活用方法を広げる使い方を3つ紹介します。なお、今回紹介するアプリは、Androidアプリが主となります。

  1. スマホを音楽プレーヤーとして活用する

  2. スマホをネットワーク機器として使用する >>

  3. スマホを自転車用ナビゲーションとして使用する >>

1.スマホを音楽プレーヤーとして活用する

これまでCDなどからパソコンに取り込んできた音楽データをスマホにコピーすることで、スマホを音楽プレーヤーとして使うことができます。もし携帯電話と音楽プレーヤーを2台持ちしていたのなら、スマホ1台にまとめてスッキリさせることができます。もちろん音楽だけでなく、英語や中国語などの語学学習用CDなどを取り込んで聞くこともできます。

スマホをパソコンとつなげば簡単に取り込める

画像:イメージ図
パソコンにつないで見たスマホのmusicフォルダー

スマホに音楽データを取り込むには、スマホとパソコンとをUSBケーブルで接続して行う方法が一般的で簡単です。スマホを購入すれば、たいてい充電用のUSBケーブルが付属しているので、それをパソコンに接続します。その後は下記の順番で操作します。

  1. スマホ画面上部にUSB接続のマークが表示されるので、画面上部から下部へスライドする。
  2. 画面表示に「マウントする」「マウントしない」と表示されるので「マウントする」を選択する。
  3. パソコンの画面にリムーバブルディスクが自動で表示されます。表示されない場合は[マイコンピュータ]→[リムーバブルディスク]で開きましょう。
  4. リムーバブルディスクの[ファイルを表示する]→[music]を選択(右のイメージです)
  5. パソコンで音楽ファイルを保存しているフォルダーを開き、スマホにコピーする。
  6. 完了したら再度1のようにUSB接続マークをスライドし「接続を解除する」を選択する。

これで手持ちの音楽ファイルがスマホにコピーされます。

お気に入りの音楽プレーヤーアプリを探そう

スマホに取り込んだ音楽ファイルは音楽プレーヤーアプリを使って聴きますが、音楽と動画のプレーヤーが一体になったアプリも多いので、音楽ビデオのファイルも同じ要領でスマホにコピーして楽しむこともできます。

さて、スマホにはたいてい音楽プレーヤーとして使用できるアプリがあらかじめインストールされていると思いますが、音楽プレーヤーアプリは、無料でも評判の良いものがたくさん出ています。

そんな数あるアプリの中から、お気に入りの音楽プレーヤーアプリを探してみるのも楽しいでしょう。

画像:イメージ図
「音楽プレーヤー」と検索すればたくさんのアプリが見つかります。
■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら