他人に見られたくないデータ、消していますか?

2012/5/29掲載

知らないうちにパソコンに蓄積されていく、履歴情報や分かりづらい管理情報。きっと、思っていたより多くてびっくりすることでしょう。他人にあまり見られたくないこれらの情報が、パソコンのどこにあってどうやって削除するか、しっかり知っておきましょう。

  1. ホームページの閲覧履歴を削除する

  2. こんな履歴情報や管理情報も >>

1.ホームページの閲覧履歴を削除する

パソコンに残る履歴情報の中で、あまり残したくない、人に見られたくないものの筆頭は、ホームページの閲覧履歴ではないでしょうか。どこに、どんな具合に、履歴情報が残っているか、それらをどうやって削除するかを紹介しましょう。

画像:イメージ図

ブラウザでホームページを見ると、その閲覧履歴がどんどんたまっていきます。

これは、お気に入りに登録しなくても以前アクセスしたホームページを容易に探せる、などのメリットがあります。

しかし、履歴が多くなりすぎると、本当に重要な履歴が見つけられなくなったり、他人に見られたくないものが残ってしまうなど、そんなデメリットもあります。

気になるなら、この履歴は自分で削除してしまいましょう。

閲覧履歴は、ブラウザの「お気に入り」を開いて「履歴」タブを選択すると見ることができます。

「日付順に表示」となっていれば、「今日」からさかのぼって以前の履歴まで残っていることが確認できます。

画像:イメージ図

この履歴の中から特定のホームページだけを削除するのは、とても簡単です。削除したいホームページを右クリックして、「削除」を選択するだけです。

画像:イメージ図

もし、「今日」分の履歴をすべて削除したい場合には、「今日」を右クリックして「削除」を選択すると、まとめて削除できます。

画像:イメージ図

履歴情報は、アドレスバーにもあります。アドレスバーの右にある「▼」をクリックすると、最新の閲覧履歴を見ることができます。

画像:イメージ図

また、アドレスバーに検索用の単語やアドレスの一部を入力すると、やはり履歴から関係のあるホームページが表示されます。

画像:イメージ図

アドレスバーに表示された履歴を削除するときには、削除したい情報(ホームページ名やアドレス)にカーソルを当てると右に表示される「×」をクリックします。

画像:イメージ図

ここまで、一つずつ削除する方法を紹介してきましたが、数が多いとなかなか面倒ですよね。もっとまとめて削除したい場合には、ブラウザ(Internet Explorer)の[インターネットオプション]から行います。

[全般]タブの「閲覧の履歴」で「終了時に閲覧の履歴を削除する」にチェックを入れて、[削除]ボタンを押します。

画像:イメージ図

さらに詳しく削除する項目を指定できます。徹底的に履歴を削除したい時は、すべてにチェックを入れて[削除]を押します。

なお、削除後はブラウザを終了して再起動させ、本当に履歴が残っていないか、再度確認すると良いでしょう。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら