エクセル上手への道 Part 1「セル」と「罫線」をマスターしよう

2012/4/10掲載
  1. データ入力と基本的なセルの操作 >>

  2. 表に罫線を付ける >>

  3. シートの操作

3.シートの操作

今回の最後は、「シート」の操作についてです。エクセルは、何枚かのシートから、1つのファイル(「ブック」とも呼びます)ができています。ウィンドウの左下を見ると「Sheet1」「Sheet2」と書かれていますね。ここを使って、シートを操作します。

基本的なシートの操作

画像:イメージ図

左の状態は、「Sheet1」を選択、表示しています。ここで「Sheet2」をクリックすると、シートが切り替わることが分かります。

各シートは独立しているので、シートごとに異なる表を作成することができます。

画像:イメージ図画像:イメージ図

シート名は自由に変更することができます。「Sheet1」をダブルクリックすると文字が反転します。この状態で好きな名称をシートに付けることができます。シート名を付けたら、「Enter」キーを押して確定します。

ただし、シート名として使用できない文字もあります。「:」(コロン)や「?」(アスタリスク)などいくつかの記号です。エクセル2010では、これらの文字をシート名にタイプしようとしても表示されないので、使用できない文字だということが分かります。

ここまでは覚えたいシート操作

画像:イメージ図画像:イメージ図

シートは、どんどん追加することができます。タブの一番右をクリックしてみましょう。すると、新しいシートが追加されました。

画像:イメージ図

なお、新規作成時のシート数は、別途設定することができます。

[ファイル]リボンから、「オプション」を選択してください。「ブックのシート数」の数字がそれです。
ここを10と設定すれば、エクセルを起動したり新規ブック作成時に常に10枚シートがある状態で開始します。

画像:イメージ図

シートを削除することもできます。削除したいシートのシート名の部分を右クリックします。ドロップダウンメニューから「削除」を選択します。

何かが入力されているシートの場合は、削除実行の前に確認のメッセージが表示されます。

画像:イメージ図

シートの並び順を変更すること(「シートの移動」と言います)も簡単にできます。

移動したいシート名をドラッグして、移動先にドロップします。この例では一番左にある「練習シート1」を「Sheet3」の右まで移動します。

画像:イメージ図画像:イメージ図

このシートの移動は、異なるブック(ファイル)間でも使うことができます。

エクセルは、1つのウィンドウに複数のブックを開くことができます。一つのブックを開いた状態で、さらに「ファイル」リボンから「新規作成」を行って、新しいブックを作ってみると分かります。

ここでは「練習シート1」をドラッグして、新しいブックに移動させてみましょう。

画像:イメージ図画像:イメージ図

また、シートをドラッグしてエクセルウィンドウ内の「何もないところ」にドロップすると、その1シートだけの新しいブックが作られます。

今回ご紹介した操作は、これからエクセルを自在に使えるようになるための下地として覚えておきたいものばかりです。練習用のシートを作ってたくさん操作の練習をして、何よりも「慣れる」のが、上達の第一歩です。次回もお楽しみに!

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら