Facebookをもっと快適に!一歩進んだ設定方法をマスター

2012/2/7掲載

Facebookのプライバシーやお知らせに関する設定など、気になるポイントを解説します。また、迷ってしまうツイッターやブログとの上手な使い分けもお伝えします。いずれも、特にFacebookをすでにお使いの方は是非知っておきたいポイントです。

  1. 知っていましたか?Facebookの様々な設定方法

  2. Facebookとツイッターとブログ、どう使い分ける? >>

1.知っていましたか?Facebookの様々な設定方法

これから、Facebook(以下、FBと略します)について、細かい設定方法や使い方を紹介していきますが、FBは細かい機能や使い方が頻繁に変わるサービスです。今回紹介するのは、2012年1月現在の内容で、変更されている可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

登録情報の変更やプライバシーの設定

画像:イメージ図
登録している情報を後から変更するには「基本データを編集」をクリックします。

まず最初に、登録したあなたの個人情報を変更する方法です。最初にFBに登録したときに「まあいいや」と空欄にした項目を、後から記入したい場合や、記入した情報をもっと丁寧に追加したい場合などは、自分の「基本データ」を編集する必要があります。

左の画面は個人のページですが、「基本データを編集」というボタンがあるので、これをクリックして編集します。また、プロフィール画像や背景画像にカーソルを当てるとボタンが現れ、それぞれ画像を変更することもできます。

続いては、気になるプライバシーの設定です。FBでいうプライバシーとは、総じてあなたの情報を誰にまで公開するかを設定することです。FBではプライバシー設定を行えるところが数か所あります。特に気になる設定について紹介しましょう。

画像:イメージ図

まず、あなたの基本データの公開範囲を設定してみましょう。勤務先や学歴などの項目ごとに、右上にマークがあります。これをクリックすると、それぞれの公開範囲を設定することができます。勤務先は全員でよいが学歴は友達限定といった、細かい設定を行うことができます。

画像:イメージ図

続いて、1つの投稿(近況アップデートなど)ごとの公開範囲を設定する方法です。それぞれ「公開」をクリックすると、この投稿を誰に表示するかを選択できます。

FBは、気軽に投稿しコミュニケーションを図れるのが良い点なので、いちいちこういう点に気を遣い過ぎると疲れてしまうこともあるかもしれませんが、自分の友人の輪の中でも特定の範囲に公開を留めておきたい時はここを設定してから投稿しましょう。

画像:イメージ図

また、「カスタム」を選択すれば、特定の個人にだけ見せる/見せないといった設定もできます。

画像:イメージ図

その他、そもそもFB内であなたの存在を検索できる人や、あなたに友達リクエストを出すことができる人の範囲などを設定することもできます。

これらは「プライバシー設定」というメニューから行います。右上の「ホーム」の横の▼をクリックして開きます。

画像:イメージ図

特にこの中の「つながりの設定」が、最も気になるプライバシー設定でしょう。

画像:イメージ図

だいたい「すべてのユーザ」「友達の友達」「友達」の3段階から選択できるようになっています。

むやみに全く知らない人と関わりあいたくない場合は、それぞれクリックして変更してください。知らない人から友達リクエストなどは受けたくない場合なども、ここから設定できます。

Facebookからの「お知らせ」の設定

画像:イメージ図

FBの左上のバーには、特定の出来事があると赤いマークでお知らせを表示してくれます。そして、ここをクリックすると、友人が○○した、などのお知らせが表示されます。友達のリクエストがあった場合にもここに表示されます。

画像:イメージ図
お知らせをクリックすると友達の行いなどが表示されています。
画像:イメージ図

お知らせの内容によっては、登録されたメールアドレスに別途メールが来ることもあります。

画面右上の「メールの頻度」にチェックが入っていると、届くお知らせやメールはFBの判断に任されます。どのお知らせがメールにも届けられるのかは、画面の下部で確認できます。

ここでメールのマークが表示されているものに関してはお知らせがメールでも届きます。この左の例の場合、「イベント」にはメールのマークがありません。これはつまり、FBの「イベント」にあなたが招待されても、お知らせメールは来ないということです。

また、メールのマークの横には数字が入っています。これをクリックすると、メールが届く条件をさらに詳しく確認することができます。

画像:イメージ図

左は、「Facebook」という見出しをクリックした場合の画面です。チェックの入った項目についてお知らせメールが届きます。
なお、メールの頻度をFBにお任せの設定にしているため、項目ごとに設定を変更することができない状態です。

画像:イメージ図

お知らせのメール設定を自分でもっと細かく行いたいという場合には、「メールの頻度」のチェックを外します。

画像:イメージ図

再度「Facebook」の見出しをクリックしてみると、今度はチェックがたくさん入っています。項目ごとにチェックを自由に外す、加える、という設定を行うこともできるようになります。

実名主義のFBをハンドルネームで使用する

画像:イメージ図
このようなFacebookページは誰でも持つことができます。

FBの最大の特徴は「実名主義」のSNSであることを、皆さんはご承知でしょう。FBはこの点に関して非常に厳格で、匿名登録などが突き止められると、アカウントが削除されることもあるようです。

とは言え、あまり実名を明かさずにFB上で活動したい場合もあるでしょう。個人でなく仕事上で活動する場合や、コミュニティを運営する場合です。そんな時に使えるのが「Facebookページ」と言われるものです。

FBページは、企業やブランド、ホテルなどが運営しているFB上のページのことです。皆さんもいくつもご覧になっているでしょう。左は、NTTグループのFBページです。

このFBページは、個人でも自由に作ることができるのをご存知でしょうか?FBページなら、こういう企業名でもブランドや商品名でも名乗ることができます。事務所の名称やコミュニティ名でも、持つことができます。

画像:イメージ図
画面左下にある「Facebookページ」をクリックすると、あなたのFacebookページを作成することができます。

FBページを作るには、画面左下の「Facebookページ」をクリックします。

すると、現在「いいね!」しているFBページの一覧が表示されます。この画面の右上に「+Facebookページを作成」というボタンがあります。これをクリックします。

画像:イメージ図

続いて、FBページのジャンルを選択し、名称を入力します。その後いくつかの情報を入力すれば、簡単にこのようにFBページが出来上がります。

画像:イメージ図

画像などは、後から追加や差し替えも自由にできます。有名企業のFBページのように美しい扉ページを作るのは大変ですが、個人主催のコミュニティ程度なら、十分なものが簡単に作れます。

Facebookで「サークル」を運営する

画像:イメージ図

もし、すでにFB上で関係のある友人や知人の何人かと限定的なサークル、情報交換の場などを持ちたいなら、「グループ」を作ると良いでしょう。

「グループを作成」をクリックします。ここで公開範囲の設定も行えます。「非公開」を選択すれば、グループ参加者当人たち以外は見られないので、仲間内だけで情報交換が行えます。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら