トレンドは手軽で高機能な
「クラウド型カメラ」!

クラウド上に録画ができる
防犯カメラ・監視カメラを
活用しよう!

監修:防犯カメラ専門メディアカメチョ ベストな防犯カメラをチョイス

そもそも防犯カメラ・監視カメラって、
どんな種類があるの?

ひと口に「防犯カメラ」、「監視カメラ」といってもその形状や機能、使い方によってその種類はさまざまです。
では、カメラを選ぶ際に基準になるであろう「押さえておきたいポイント」について少し説明してみたいと思います。

SHAPE カメラ本体の形状

  • 画像:ボックス型カメラ

    ボックス型カメラ

    ボックス型カメラとは、一般的な形状のカメラであり、みなさんが想像する防犯カメラの形に近いかもしれません。屋外に設置する場合には防水・防塵のために専用の「ハウジング」と呼ばれるケースに入れられた上で設置され、屋内の場合にはケースに入れられない状態で天井などに取り付けられることがほとんどです。その形状から、一見して防犯カメラ・監視カメラであることが分かってしまうため、その場に居る人に威圧感を与えることもあります。そのため、スーパーやコンビニなどの小売店などでは、威嚇効果を見込んでこのタイプが選ばれることもあります。

  • 画像:ドーム型カメラ

    ドーム型カメラ

    ドーム型のカメラはその名のとおり、お碗を逆さに向けたドームのような形状をしています。大きな特徴としては、カメラ本体がスモークグラスのカバーに覆われていることが多いため、撮影している方向が分かりづらく、ボックス型ほど撮影対象となる人に威圧感を与えないため、病院や美容室などの店舗や学校などで使われることが多くあります。また、衝撃に耐えられるように設計された機種も多く、悪意のある第三者がカメラを破壊したり、カメラの向きを変えるなど証拠を残さないようにしたりすることに対抗するためにこのタイプのカメラが選ばれることもあります。

  • 画像:PTZカメラ

    PTZカメラ

    PTZカメラとは、パン(カメラの画角を左右に動かすこと)・チルト(カメラの画角を上下に動かすこと)・ズーム(カメラの画角を望遠・広角に変更すること)の3つの機能を持つカメラのことを言います。従来は、扇風機のように自動で首を振る機能を備えたカメラもありましたが、ネットワークカメラの普及に伴って遠隔で操作することができる機能をもつものも多くなってきています。工場や倉庫など、広い場所を監視したい場合や、ズームアップして細かな部分まで確認したい場合に用いられます。

ANALOG or NETWORK 映像の記録形式

画像:映像の記録形式

防犯カメラ・監視カメラは、映像の記録形式の違いによって「アナログカメラ」「ネットワークカメラ」の2つに分類できます。アナログカメラは同軸ケーブルという金属のケーブルでカメラとレコーダーを接続し、映像を記録します。従来から利用されている形式ですが、ケーブルを通して転送できる映像の画質に限界がある場合が多く、敷設するケーブルの環境によっては映像にノイズが発生することもあります。

一方、ネットワークカメラとは、映像をデジタルデータとして記録する形式のカメラで、カメラとレコーダーはLANケーブルやWi-Fiで接続します。高画質な映像であっても劣化することなく記録することができるうえ、Wi-Fiを利用した無線接続なら、電源さえ確保(別途インターネットへの接続環境が必要)できればどこでも設置を行うことができ、記録した映像をクラウドに保存すれば、レコーダー本体を用意する必要もありません。その他にも、ネットワークに接続させることで、遠隔地での映像のモニタリングや操作ができることなどのメリットもあり、防犯カメラ・監視カメラはネットワークカメラへのシフトが進んでいます。

RECORD 録画データの保存先

画像:録画データの保存先

防犯カメラ映像の録画データを保存する方法においてもいくつかのタイプがあります。従来から普及しているのは、専用のレコーダーをカメラがあるのと同じ建物に一緒に設置し、録画データを保存する方法でしょう。その他、最近ではカメラ本体に挿入されたSDカードなどに録画保存できる場合もあります。

それとは別に、クラウドサーバー上に録画データの保存を行う「クラウド録画」という方法もあり、このようなクラウド録画を行うカメラは一般に「クラウド型カメラ」と呼ばれています。クラウド型カメラは、ネットワークカメラの特徴であるインターネット接続によって、映像の伝送をネットワークを介して行う機能を利用しています。カメラで記録した映像はインターネットを介してクラウド上にあるサーバーに保存されるためカメラ本体のSDカードや、レコーダーを壊されたり、盗まれたとしても証拠となる映像が無くなってしまったりすることもありません。また、サービスによっては、複数人で映像を管理することができるものもあります。具体的なサービスとしては、NTT東日本が提供する「ギガらくカメラ」などがあります。

不正や犯罪の防止だけが
防犯・監視カメラの役割じゃない?

業務効率化も期待できるカメラの活用方法!

  • 店舗や作業場の
    オペレーション改善への活用

    画像:店舗や作業場のオペレーション改善への活用

    飲食店や小売店においては、スタッフの接客品質の向上やオペレーション改善のために監視カメラが活用されることがあります。小売店であれば、レジにカメラを設置しておいて、レジスタッフがマニュアルに則った適切な接客を行っているかどうかを管理者が確認したり、レジに多くの人が並んでいることを確認したりしてスタッフの仕事の分担を設定するなどの利用法が考えられます。工場や倉庫であれば、危険な服装で仕事にあたっていないか、作業ルールに従わないスタッフを監視し、不正行為を防止したり、改善指導に活用したりする方法もあります。特にネットワークカメラであれば、遠隔地からでもリアルタイムに店舗の状況を確認することができるため、今後の利用が期待されます。

    OPERATION

  • マーケティング分野に
    おける活用

    画像:マーケティング分野における活用

    ネットワークカメラの普及により、飲食店や小売店などでマーケティング分野への活用も可能になっています。カメラの動体検知機能や顔認証機能を用いて、マーケティング調査のために店舗への来店者数をカウントしたり、さらに時間帯別の来店者数とPOSデータから得られる売上金額を組み合わせてピークタイムを把握したり、特定の売り場での滞在時間を計ったりすることで、より適した人員配置や勤務シフトを組むなどの方法で活用されています。

    MARKETING

ネットワークカメラ、
そしてクラウド型カメラが
普及している理由

ネットワークカメラの普及に従って、カメラで記録したデジタル画像・映像データの活用方法も広がっています。映像を録画するカメラ本体の機能だけでなく、その映像の保管および録画機器や録画システムも進化しており、ネットワークに接続して遠隔地の映像データを受信して記録を行うNVR(ネットワークビデオレコーダー)も普及しつつあります。

ネットワークカメラ国内市場規模推移

画像:ネットワークカメラ国内市場規模推移

出典:2016年度 矢野経済研究所「ネットワークカメラ/VCA 画像解析システム市場」

実際に、ネットワークカメラやレコーダーをインターネットに接続させることによって得られるメリットはいくつもあります。まず、映像データの共有がより容易にできるようになる、という点が挙げられます。これは、従来であればカメラとレコーダーはケーブルで物理的に接続されている必要がありましたが、ネットワークカメラであれば、カメラ、レコーダー、モニタリングを行う管理者のそれぞれがインターネットに接続できる環境であればどこでも映像データの確認が可能になることを意味します。裏を返せば、ネットワークカメラの普及はこういったメリットが認知されつつあるからではないでしょうか。

画像:ネットワークカメラ、そしてクラウド型カメラが普及している理由のイメージ

さらに、最近では、レコーダーを持たず「クラウド録画」する「クラウドカメラ」も拡がりつつあります。総務省が公表しているデータによれば、企業が「ファイル保管・データ共有」、「電子メール」などのクラウドサービスを利用している理由のうち一番割合が大きいものが「資産、保守体制を社内に持つ必要が無いから(40.9%)」というものでした。
クラウド録画のサービスを利用することは、映像の録画を行うストレージをいわば「レンタル」することによって専用の録画機器を用意する必要が無くなり、高額な初期投資の必要がなくなります。さらに、クラウドサービスを利用することはセキュリティ面でのメリットもあります。録画映像は、通行人や車のナンバーなど重要情報が記録されることもあり、レコーダーの盗難は情報漏えいのリスクに直結します。クラウド型なら、撮影拠点にレコーダーを設置しないため、レコーダーの盗難による映像流出の心配がありません。
また、NTT東日本をはじめとするNTTグループ各社では、データセンターの構築サービスを長年提供しており、運用からセキュリティ対策などの保守サービスまで強固なセキュリティ対策を講じたサービスを提供しています。つまり、NTT東日本が提供する「ギガらくカメラ」「ギガらくWi-Fi カメラオプション」等のクラウド録画のサービスを利用することで、安心・安全の録画環境を構築することができるようになります。

※出典:総務省 平成29年版 情報通信白書「企業におけるクラウドサービスの利用動向」

幅広いシーンで活用される
ネットワークカメラ、
クラウド型カメラ

クラウド型カメラは、その導入の手軽さや利便性から、小規模な店舗や施設をはじめ、
各種オフィス、作業現場など幅広いシーンで利用が広がっています。
ここでは一般的なネットワークカメラやクラウド型カメラの活用例をシチュエーション別にご紹介します。

  • 01

    店舗

    画像:店舗

    トラブル発生時の証拠として

    接客態度や釣り銭の受け渡し時などのトラブルが発生した場合の映像証拠として活用することができます。

    店舗スタッフの不正行為抑止

    小売店や飲食店などでレジにおけるスタッフの不正や、倉庫の在庫商品の着服などの不正を抑止します。

    複数店舗の一元的なリソース管理

    複数の店舗を運営・管理する場合にも、映像を通して遠隔地から店舗の状況把握が可能です。

    詳しい活用事例はこちら

  • 02

    オフィスフロア

    画像:オフィスフロア

    入退出管理の証拠として

    オフィスに出入りする従業員、および社外の関係者を記録に残すことで万が一の不正に備えます。

    従業員の業務態度をチェック

    社内での従業員の勤務態度を監視し、適度な緊張感を持って業務を行うように促します。

  • 03

    幼稚園・保育園

    画像:幼稚園・保育園

    園児のケガ等、事故の早期対応・原因分析

    園児に万が一の事故があった場合にその原因を特定し、再発防止のための対策を行うヒントとして活用できます。

    保護者へのトラブル対応の証拠として

    大切なわが子を預けている保護者に対し、安心できる環境を提供している証拠として映像を保管しておくことができます。また、サービスによっては閲覧できるカメラを限定した閲覧者IDを発行することも可能なので、保護者向けにモニタリングサービスとして提供することも可能です。

    詳しい活用事例はこちら

  • 04

    建設業(建築現場)

    画像:建設業(建築現場)

    夜間等の資材盗難への対策

    建設現場では、作業を行わない日や夜間に建築資材を盗まれてしまわないようにカメラによる監視を行ったり、警報装置と連携させることもできます。もちろん、クラウド型カメラならレコーダーごと映像を盗まれるリスクも回避できます。

    資材運搬状況や現場の状況の管理

    建築現場では、建築資材の搬入や廃棄物の搬出状況のチェックを行ったり、作業員が安全な環境で作業を行っているかを確認したりできます。

    詳しい活用事例はこちら

  • 05

    老人ホーム・介護施設

    画像:老人ホーム・介護施設

    徘徊発生時の早期発見

    施設利用者による徘徊が起こった場合に出入り口のカメラで発見・防止したり、施設外に出てしまっても服装等の状況を記録し早期発見したりするなどの活用が可能です。また、ステーション等に常駐しなくても、スマートフォン等を活用して離れた場所から状況を確認できるため、従業員がアクシデントの把握、対応を迅速に行いやすくなります。

    ヒヤリ・ハット事例の分析

    転倒や誤嚥、介護作業ミスなど施設利用者のケガにつながる危険性をいち早く発見し、施設環境の改善が期待できます。

    詳しい活用事例はこちら

  • 06

    コインランドリー

    画像:コインランドリー

    両替機等の集中監視

    両替機等の盗難や破損をネットワークカメラを活用して遠隔監視できます。

    お客様同士のトラブル発生時の証拠

    無人施設だからこそ起こりやすいお客様同士のトラブル発生時の証拠映像としての活用が可能です。また、クラウド型カメラなら、無人環境でもレコーダーの盗難により大事なデータが失われる心配もありません。

    詳しい活用事例はこちら

  • 07

    受付

    画像:受付

    不審者への威嚇効果

    部外者が自由に行き来できる受付など、カメラによる監視によって不審者の侵入の抑止等に活用できます。

    スタッフの勤務態度チェック

    会社や医療施設・サロンなどの顔となる受付従業員がマニュアルに則った対応を行っているかをチェックするなどの活用ができます。

  • 08

    倉庫

    画像:倉庫

    資材の運搬状況確認、オペレーション改善

    資材の梱包やキッティング、仕分けなどの作業を行うスタッフが効率的に動けているかを確認できます。

    特定エリアへの侵入検知機能を利用した物資の取扱管理

    録画映像の特定部分の動きを検知する機能等を活用し、監視だけでなく危険物エリアの出入り管理や、情報漏えいの防止に役立てるなどの活用ができます。

NTT東日本が提供する
ニーズに合わせて選べる
2つのクラウド型カメラサービス

最近では、GmailやYahoo!メールのようなWebメールを利用することも多いかと思いますが、これらのサービスは、アプリケーションソフトやメールのデータが「クラウド」上に保存される「クラウドサービス」のひとつです。これを防犯カメラ・監視カメラに応用したのが「クラウド型カメラ」です。

NTT東日本では、データをセキュアに保存し、便利に活用することができ、さらにはレコーダーを用意する必要が無く導入できる「クラウド録画」を採用した防犯・監視カメラソリューションを、ユーザーのニーズに合わせて2サービスご用意しています。

  • SERVICES 01

    屋外利用録画プランなど
    ニーズに合わせて
    最適なカメラを利用したいタイプには

    ギガらくカメラ

    画像:既存のカメラを利用またはカメラの機能にこだわりたい+ギガらくカメラ

    自分で用意したカメラや屋外用カメラを使いたい 常時録画したい マルチモニタリングしたい

    「ギガらくカメラ」サービス詳細

  • SERVICES 02

    Wi-Fi導入も検討中
    手軽にカメラを設置したいタイプには

    ギガらくWiFi(ハイエンドプラン) カメラオプション

    画像:簡単に設置できるお手軽カメラ ギガらくWi-Fi(ハイエンドプラン) カメラオプション

    カメラをレンタルしたい 手軽に設置できるカメラを使いたい Wi-Fiを導入してカメラを接続したい

    「ギガらくWi-Fi カメラオプション」
    サービス詳細

ギガらくカメラについて

ご利用にはインターネット接続環境とネットワークカメラ、関連機器が必要です。対応カメラについて詳しくはこちらをご確認ください。

ギガらくWi-Fi カメラオプションについて

ご利用にはインターネット接続環境が必要です。また、スマートフォンやタブレットからのご利用には、専用アプリが必要です。

映像を確認する場所にはインターネット接続環境が必要です。また、専用アプリや機器などの事前設定が必要となる場合があります。

複数の端末で同時に同一のカメラ装置の映像を確認することはできません。60秒ごとに再度読み込みが必要です。

どちらか迷ったら・・・ 比較ポイント一覧

どちらか迷ったら・・・ 比較ポイント一覧

お客さまの会社の状況や
ご要望にあったプランを
ご提案いたします

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

  • 画像:カメチョ
  • 【監修】防犯カメラ専門メディア「カメチョ」について

    「万が一への備えだからこそ最適な防犯カメラをチョイスしたい」像度、接続方法、モニタリング方法、ネットワークカメラetc…カメチョは防犯カメラ・監視カメラを導入、設置する上で必要な情報を分かりやすく解説するメディアです。

比較ポイント一覧

ギガらくカメラ
ギガらくWi-Fi (ハイエンドプラン) カメラオプションオプション
こんな場合に
おすすめ
  • 自分で用意したカメラや屋外用カメラを使いたい
  • 常時録画したい
  • マルチモニタリングしたい
  • カメラをレンタルしたい
  • 手軽に設置できるカメラを使いたい
  • Wi-Fiを導入してカメラを接続したい





カメラ

ギガらくカメラ対応のカメラをご自身でご用意(別途NTT東日本よりご購入、またはリースも可能です)

レンタル提供

録画

※常時録画プラン、イベント検知録画プランのみ

※動体・音声検知をした場合のみ

録画形式/
録画保存期間
  • 常時録画プラン

3日、7日、15日、31日から選択

  • 動体・音声検知録画プラン

31時間、62時間、124時間、248時間、372時間から選択

  • 動体・音声検知録画

7日間

サポート

専用サポートセンタによるご対応

撮影間隔
  • 1秒3コマ、1秒1コマ、5秒1コマ、
    15秒1コマから選択
  • 1秒30コマ
接続方法
  • 主に有線

※フレッツ光などによるインターネット接続環境が必要です。

  • ギガらくWi-Fi ハイエンドプラン

※ご利用には、別途「ギガらくWi-Fi ハイエンドプラン」の契約に加え、フレッツ光などによるインターネット接続環境およびブロードバンドルーターが必要です。

設置方法
  • ネットワークカメラ取付工事が必要です

※お客さまにて実施、またはNTT東日本より工事会社をご紹介させていただくことができます。

  • カメラ装置の電源コードをコンセントに挿すだけで、お客様による設置が可能です

※カメラ装置はWi-Fiアクセスポイント装置のWi-Fi電波が届く場所に設置する必要があります。

複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら