オンラインストレージとは

データは手元に置いて管理するのではなく、
インターネット上へ格納する。
そんな時代がすでに到来しています。
そんな時代の流れに乗って一般的になりつつあるオンラインストレージ。

しかし、そもそもオンラインストレージとは何なのか、
どんなメリットがあってどんなデメリットがあるのか、
まだあやふやな方もいらっしゃるかもしれません。

このページでは、そんな方々のために、オンラインストレージを基本からご説明いたします。

そもそもオンラインストレージとは

オンラインストレージとは、クラウドストレージとも呼ばれ、ファイル保管用のディスクスペースをインターネット上でユーザーに貸し出すサービスです。オンラインストレージにファイルをアップロードすることでインターネット上にファイルを保存することができます。

ファイルがインターネット上に保存されるため、作成した地点から遠く離れた場所、作成した際とは異なる機器でも、さらには設定によっては作成者以外の第三者もファイルを閲覧・編集することができます。
オンラインストレージサービスには有料のものと無料のものがあり、一般的にはさまざまな補助的機能が追加されたり、格納できるデータ容量が大きくなると、料金も高くなります。

オンラインストレージのメリット

オンラインストレージには以下のようなメリットがあります。

  • 事業者からディスクスペースが提供されるため、自分で外部記憶装置等、データを格納する装置を準備する必要がない。また、自分のパソコンや外部記憶装置等に保存しているデータのバックアップとして、オンラインストレージを使用することもできる。
  • 事業者が不正アクセス防止やウイルス対策などの情報セキュリティ対策や激甚災害対策を行ってくれるサービスの場合は、自分でコストをかけずにデータ保護を任せることができる。
  • 任意の場所・機器で作成したファイルをオンラインストレージにアップロードすることで、別の場所、別の機器でも閲覧・編集することができる。(会社のパソコンで作成した資料を、出先でタブレット上で修正するなど)
  • 格納したファイルは基本的にIDやパスワードで保護されるが、必要に応じて他者に公開する機能があるため、任意のグループ内でファイルを共有することが出来る。
  • メール等の代わりに、容量制限を超えるような大容量のファイルを転送することができる。

オンラインストレージのデメリット

  1. インターネットに接続された環境でなければ、すべてのサービスを利用することはできない。
  2. データを第三者に預ける形になるため、情報セキュリティ面での懸念があり、リスク回避のためには、信頼できる事業者のサービスを選択する必要がある。
複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら