フレッツ・あずけ〜るPROプラン 導入事例
重要情報を安心して保存・共有

株式会社アップコーポレーションさま
【業種】販売業 【従業員数】4名

有事の際にそなえて、大切なデータを守るため
クラウドというかたちで保管し、場所を選ばずどこにていても
作業ができる環境づくりを整備したいと考えていました。

※記載の内容は2015年10月取材時点のものです

フレッツ・あずけ〜るPROプラン導入前

導入に至った経緯や、解決したかった課題についておきかせください

社内サーバだけでは不安、クラウドサービスでの保管を検討

当社は業界に先駆けてドラム缶のネット販売を開始し、現在ではその顧客データが1万件を超えております。そこにはお客さまの氏名や住所といった重要な個人情報が含まれており、それを社内のサーバによって管理をしていました。

しかし近年テレビなどでさまざまな災害を目にし、もし身近でそのような災害が起きたときに大切なデータを守るためには、それを手元に置くのでなく、クラウドというかたちで保管をすることが最善の方法だと考えました。

そういった有事の際に備えて、当社はすでに小規模ながら西日本にも拠点を設けるなど、場所を選ばずにどこにいても作業ができる環境づくりというものを目指しており、その上でこのフレッツ・あずけ〜るPROプランのようなサービスを利用することが必要不可欠であるという結論にいたりました。

フレッツ・あずけ〜るPRO導入後

導入の決め手になった点、また導入したことで得られた
効果についてお聞かせください

NTT東日本なら安心、サーバ環境も安定運用

やはり一番は“安心感”ですね。“NTT東日本”というネームバリューはもちろんですが、国内のNTT東日本ビルにて保管しているということが(決め手として)大きかったです。
つまり、特定の地域で災害がおきたとしても、最終的にデータを守ることができるわけですから、この安心感はNTT東日本さんの大きな強みだと思います。

もうひとつ、社内でデータを管理しているときには、年末年始やゴールデンウィークなどで長期に会社を空けたあとに出勤をすると、気温の変化などの影響で、必ずなんらかの不具合が起きていました。しかし、フレッツ・あずけ〜るPROプランのサービスを利用するようになってからは、そういった心配もなくなりましたので、おかげさまで安心して休みを取ることができるようになりました。

あとは他社の同様なサービスと比較したときに、NTT東日本さんのほうが担当者の方と直接顔を合わせて質問や相談をできるといった点も大変ありがたかったです。

私どもの感覚としては“お客さまから預かっている大切なデータを託すところ”なわけですから、どこの誰に預けているのかということをきちんと把握しておきたいという想いがあり、その点でも“NTT東日本”という名前は大きかったですね。

フレッツ・あずけ〜るPROプラン利用イメージ

解決イメージ
  • 大切なデータは、フレッツ・あずけ〜るPROプランに安心して保管
  • どこにいてもパソコン、スマートフォン、タブレットでアクセスしてデータの確認が可能

※インターネット接続環境に加え、専用ツールまたは専用アプリのインストールが必要です(対応OSは、こちらをご確認ください)。

最後に全国の同じ悩みを抱える経営者の方に一言お願いします

サーバ設置などの初期費用なし、データ管理も安心してお任せ

いまの時代、業種や事業規模に関わらずICTが業務にまったく無関係という会社はないと思いますが、データの管理や運用についてある程度知識のある人材を社内に置くことや、自社でサーバを立ちあげることのできる中小企業さんはそれほど多くないというのが現状でしょう。

しかし、フレッツ・あずけ〜るPROプランは、そういった(サーバを立ちあげるなどの)初期費用は一切かかりませんし、何より安心感が違いますので、同じようにデータの管理に頭を悩ませている経営者の方がおられたら導入の検討をおすすめしますね。

複数のサービスをご契約のお客さまにおかれましては、お手元で計算された額と実際の請求額が異なる場合がございます。

※ 本ホームページにおける各サービスの説明事項は、フレッツ光でご利用いただく場合を例に記載しています。

※「フレッツ光」とは、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」および「Bフレッツ」(いずれもインターネット接続サービス)の総称です。

■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化 および 無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら